【モクレン(木蓮)】剪定の基本を庭師が伝授

モクレン(木蓮)は、日本の環境に合う樹木で全国で栽培が可能です。モクレンは、紫色の気品のある花が春を告げる花として、古くから親しまれてきた人気の庭木ですが、近年ではモクレン(木蓮)を植えると、金運がアップするとも言われているそうです。
このページでは、モクレン(木蓮)の剪定の時期や剪定方法、育て方のコツなどを、プロの庭師が伝授いたします。

東京都内埼玉県内岡山県内広島県内香川県内で剪定・伐採などのお庭のメンテナンスサービスを提供しています
メールでのお問合せはコチラ
お電話での問合せ0120-335-332営業時間10:00~19:00(水曜日定休)]

目次

モクレン(木蓮)の特徴
モクレン(木蓮)の剪定時期
モクレン(木蓮)の剪定をしてはいけない時期
モクレン(木蓮)の剪定方法
モクレン(木蓮)が枯れる原因
モクレン(木蓮)の肥料
モクレン(木蓮)の病気と害虫
モクレン(木蓮)の増やし方
まとめ

モクレン(木蓮)の特徴

モクレン(木蓮)とはどういった特徴をもつ木なのでしょうか。
分類:落葉高木
原産地:中国
樹高:4~5m
常落区分:落葉性
日照:日なた
耐暑:強い
耐寒:強い
開花期:3月~4月
葉張り(樹冠の横幅):4~7m
花色:複色(外側が紫で内側が白)
果実色:褐色(種子は赤)
果実熟期:10月~11月
用途:シンボルツリー、サブツリー、庭木、花木
和名:モクレン(木蓮)
記念樹:モクレン(木蓮)を植樹すると金運が向上すると言われています。また、モクレン(木蓮)を植える方角についても様々ないわれがあるようで、植える方角は南西が吉や、家の前、家の裏に植えると金運がアップする、玄関回りに植えると縁起が良いなどと言われています。記念樹について詳しくはこちらから
花言葉:「自然への愛」「持続性」

モクレン(木蓮)と呼ばれているものは、一般的に紫色の花が咲く「シモクレン(紫木蓮)」を指しますが、モクレン属には、白い花の「ハクモクレン(白木蓮)」や、シモクレンとハクモクレンを配合した「サラサモクレン(更紗木蓮)」などもあります。また、同じモクレン属の中でも、モクレンやハクモクレンなどの落葉性のものと、タイサンボクなどの常緑性の品種のものも存在しています。

モクレン(木蓮)は、桜の花が咲くころ、時を同じくして紫色の花を開花させ、爽やかな柑橘系のような香りを漂わせることから、モクレンの花は春を告げる花として古くから親しまれています。
モクレン(木蓮)には、金寿(キンジュ)やシモクレン、ハクモクレンやマグノリアなど、約70種が存在していますが、樹高や花色などは品種によって特徴が大きく異なっているので、お庭に植樹する場合は、プロの庭師にセレクトしていただく方が良いかも知れません。

近年では、庭木のシンボルツリーやサブツリー、そして、花嫁のブーケやヘアの花材としても活用されているとても身近な樹木です。

モクレン(木蓮)の剪定時期

モクレン(木蓮)の剪定時期は、モクレンやハクモクレンなどの落葉性の品種のものは11月~2月の休眠期に、モクレン属のタイサンボクなどの常緑性の品種のものは6月が剪定の適期です。

モクレン(木蓮)の剪定をしてはいけない時期

モクレンは、7月~8月頃に花芽の分化を行いますから、それ以降の剪定では、花芽を切り落としてしまいますと、翌年お花が咲かないということになってしまうので、花芽の見分けが付かない場合は、翌年のお花をあきらめるか、剪定は行わないようにしましょう。モクレンの花芽は短い枝に付きやすく、長い枝には付きにくい性質で、お花は前年に伸びた枝先に付きますから、この枝を切り落とさなければ、花芽も大丈夫です。

モクレン(木蓮)の剪定方法

モクレン(木蓮)は、自然樹形が美しい庭木ですから、どの品種も自然樹形を生かした剪定を行い、基本的には、混みあった枝を剪定する程度で整えていきましょう。

シモクレンは株立ちになりやすく、ひこばえが発生しやすいので、ひこばえは根元から切り取りましょう。徒長枝や枯れ枝、混みあっている枝などの不要枝は基部から切り取りましょう。落葉期の剪定では、花芽の付いている短い枝を残し、全体の透かし剪定を行っておきましょう。切り戻しなどを行う場合は、冬の休眠期に行いますが、その場合は花芽も切り落としてしまうことになるので、その年のお花は諦めましょう。

切り戻し剪定や切り詰め剪定、太目の徒長枝などを切った場合は、切り口からの雑菌の侵入を防ぐために、切り口に癒合剤を塗布して保護をしておきましょう。

基本的な剪定方法、剪定するべき不要枝の詳細はこちらをご確認ください。

剪定の基本のやり方を庭師が伝授します♪
剪定をやってみる?庭木の剪定の基本を庭師が伝授! 庭木の剪定には基本のやり方と剪定に適した時期があります。我々プロの庭師でも来年以降の樹形を考えながら行いますが、素人の方ならなおさらではないでしょうか。木の種類により剪定方法や...

モクレン(木蓮)が枯れる原因

モクレン(木蓮)が枯れる多い原因は、病害虫と剪定時期の間違いです。モクレンは比較的丈夫で育てやすい樹木ですが、病害虫の被害がないわけではありませんから、日頃から木々を良く見るようにしておきましょう。

剪定の時期や切り方を少々間違えても、大きなダメージにはならない場合もありますが、剪定の適期以外の時期に強剪定をし過ぎると株を弱らす原因になり、ダメージが大きい場合は枯れることとなってしまうので、剪定時期を間違えないように注意しましょう。

モクレン(木蓮)の肥料

モクレン(木蓮)の施肥は、成木の場合は、休眠期の1月~2月頃に緩効性の化成肥料や油粕などの有機配合飼料を施しましょう。若木の場合は、成長期の5月と充実期の9月中旬から下旬頃と休眠期の1月~2月頃に、緩効性化成肥料や固形の油粕を施しましょう。9月の肥料はチッ素分の少ないものが良いでしょう。鉢植えの場合は、3月~6月の間に月に1回程度、骨粉入りの油粕を株元に施しましょう。

施肥の詳細はこちらをご確認ください。

庭木への肥料の与え方を庭師が伝授
花壇の草花や鉢づくりの植物に肥料が必要なように、庭木の場合も肥料を与えなければなりません。しかし、与える時期を間違えたり、肥料の成分も知らずにたくさん与えすぎたのでは、かっえって害になりますから、基本的な知識は身につけておく必要があ...

モクレン(木蓮)の病気と害虫

モクレン(木蓮)は、日本の気候にも合う丈夫で育てやすい庭木ですが、カミキリムシとカイガラムシには注意が必要です。カイガラムシが付くとスス病になりやすいので特に注意が必要です。

病害虫の防除はこちらをご確認ください。

庭木の病害虫を防除するポイント
病害虫を事前に防ぐ3つの方法 庭木の病気や害虫は数え切れないほどありますが、害虫が付いて駆除する前に、まずは予防を心がけることが大切です。害虫に対しては早期に捕殺して、被害を最小限にとどめることが肝心で、害虫予防の薬剤散布なども行われ...

モクレン(木蓮)の増やし方

木蓮は、種まきや挿し木で株を増やすことができます。タネまきの適期は9月~10月です。熟した果実から採種して、果皮と果肉を水洗いを行い取り除いたものを、赤玉土小粒を入れた鉢に撒きましょう。春頃には発芽し、本葉が3~4枚になった段階で鉢上げを行います。挿し木は、6月~7月が適期です。

挿し木は、親木が若いうちに行いましょう。若木の方が根が出やすく成功率がとても高くなります。挿し穂は10~12cmの長さにし、切り口には発根剤を塗りつけておきましょう。

庭木が喜ぶ土づくり。庭木がよく育つ土とは!?
お庭は、元気な庭木が青々と茂ったり、赤く紅葉したりしてはじめて、日本の四季を感じる素敵な空間になります。しかしながら、日本の土壌は酸度が強い土壌の場所が多く、そのままの土では庭木が元気良く育つというのには適していない場合があります。...
庭木に毎年花を咲かせる方法を庭師が伝授!?
毎日の水やりや防虫に消毒など、丹精込めてお世話を行っても、お花が咲かない、花数が少ないということは皆様の悩みごとです。庭木に毎年お花を咲かせるには、その花木が元気で、お花が咲くような、環境とお手入れを正しく行うことが必要です。 こ...
毎年実をつけさせる方法を庭師が伝授!?
自宅のお庭には、お花を楽しむ庭木、枝ぶりを楽しむ庭木などを植える方も多いですが、実は実がなる樹木を中心に植えられている方も結構いらっしゃるようです。 私の自宅にも、カキ、アーモンド、サクランボ、シークワーサー、スダチ、オリーブを植...

まとめ

モクレン(木蓮)は、観賞用の庭木としても、切り花にしても楽しめる花木です。春になったらモクレンのお花の甘酸っぱい香りが漂い、春の訪れを肌で感じる。モクレンを植えて、そんな四季を感じるお庭で楽しんでみませんか。

お庭に植える樹木選びから、剪定やお世話などまで、庭のプロ集団『庭.pro』までご相談ください。綺麗な庭で皆様の暮らしが豊かになれば幸いです。

2022年9月21日
執筆者:造園技能士 竜門 健太郎

笑顔で剪定する庭師の竜門さん

自分では難しい、やっぱりプロに依頼したいという方へ♪


庭.proではプロの庭師による庭づくり・庭リフォームサービスを行っています。

  • 仕上がりが断然違う
  • 圧倒的な作業スピード
  • 伝統と革新

和のお庭から洋風のお庭までお任せ下さい!

庭.proの庭づくりサービスはこちら

お問い合わせはこちら
サービスエリア:
東京・埼玉・岡山・広島・香川
図解入り剪定マニュアルをKGコンシェルジュのサイトでダウンロード 図解入り剪定マニュアルをKGコンシェルジュのサイトでダウンロード

※関連サイト「KGコンシェルジュ」にリンクします。

モクレン
「モクレン」の記事一覧です。
剪定の基本のやり方を庭師が伝授します♪
剪定をやってみる?庭木の剪定の基本を庭師が伝授! 庭木の剪定には基本のやり方と剪定に適した時期があります。我々プロの庭師でも来年以降の樹形を考えながら行いますが、素人の方ならなおさらではないでしょうか。木の種類により剪定方法や...
剪定の切り方・切る場所・切り口の正しい方法を庭師が伝授します♪
剪定の切り方、切る場所、切り口は、正しい方法があります。正しい剪定の方法とは、剪定による樹体の損傷が極力少なくなるようにすることと、その後に腐朽など、将来に悪影響を及ぼさず、むしろ、剪定によって樹勢が蘇ったり、木が若返ったりできる手...
庭木の剪定時期一覧表(全80種の樹木別剪定時期年間カレンダー)
庭木の剪定は庭木や生垣などを美しく保つためには大変重要な作業ですが、剪定を行う時期はお正月を迎える前にキレイにしておこうと考えられる方が多いのも事実です。しかしながら実は剪定にはその木ごとに最適な時期とやり方があります。今回は庭木や...
庭木の移植方法
樹齢55年のさくらの木の移植作業/岡山市北区 庭木の移植を考えるタイミングの多くは、お家の建て替えやリフォームの時です。樹木の移植は種類や大きさよりますが植えつけて5年以上経っていると根がしっかり張っているので何も考えずに移植してしま...
庭師の選び方|見極める重要なポイント
庭師の選び方|見極める重要なポイント 庭木の剪定や造園、お庭づくり、お庭のリフォームなどを行いたいときに、どの庭師や造園会社に依頼すれば良いのか分からないことが多いというお声をたくさん頂戴します。庭師にも、造園会社にも、それぞれ得意分...
剪定の費用、相場はいくら?プロに頼むといくらぐらい?
思い入れのある庭木も、お手入れをしないと美しい状態のまま維持するのは難しいこと。剪定などのお手入れを怠るとすぐにボーボーになったり、お隣へご迷惑をかけてしまったりということもあります。これまでは自分でお手入れや剪定を行っていても、大...
植木と剪定の専門用語集
お庭や植木の専門用語は普段使わない言葉や日常的に使ってる意味とは異なるものもあり、分かりにくいですよね。庭師の方に剪定などを頼んでも、植木用語が分かっていないとチンプンカンプン!DIYでお庭の手入れやメンテナンスを行うにも、基礎レベ...
東京都の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 東京」へ! 庭.pro(ニワドットプロ)東京エリアでは、都内23区や多摩エリアの武蔵野市や立川市などを拠点とした、庭づくりのプロ=庭...
埼玉県の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 埼玉」へ! 庭.pro(ニワドットプロ)埼玉エリアでは、さいたま市や川越市などを拠点とした、庭づくりのプロ=庭のスペシャリスト集団が...
広島県の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 広島」へ! 庭.pro(ニワドットプロ)広島エリアでは、広島市や東広島市、廿日市市などを拠点とした、庭づくりのプロ=庭のスペシャリス...
岡山の剪定・伐採サービス
岡山市・倉敷市・総社市・玉野市・瀬戸内市...
香川県の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 香川」へ! 庭.pro(ニワドットプロ)香川エリアでは、高松市や坂出市、丸亀市、さぬき市などを拠点とした、庭づくりのプロ=庭...
タイトルとURLをコピーしました