庭木の伐採・抜根

イチョウ・ムクノキ・エノキの腐朽した高木伐採(岡山県倉敷市)

樹木医の診断を元に、幹や根株の心材腐朽が進んでいる高木(イチョウ・ムクノキ・エノキ)を伐採しました。

施工地域岡山県倉敷市
剪定した木の種類と大きさイチョウ15m・ムクノキ15m・エノキ10m
庭.proより近年、台風や突風などで大きな樹木が倒れるニュースを見聞きする事が増えました。 それは台風の勢力が以前より強くなったからだけではなく、見かけでは分からない幹の空洞化や腐朽が進んでいる事が原因によるものが多くあります。 今回もそうした被害が起きる前にとご相談頂き、樹木医が土壌や樹の根元の診断や幹の打診などを行ったところ、 外見は健康に見える樹木3本が根株・幹共に心材腐朽がかなり進んでる状況で特にムクノキは切り株の半分近くは空洞でした。 施工はクレーン車で吊り上げながら地際で伐って伐採。その後運び出せるサイズまで小さくして処分しました。高木の伐採は安全を確保が第一です。必ずプロに任せることをお勧めします。 なお、危険木かもしれないサインは、「樹が枯れている」「幹に亀裂が入っている」「キノコやコケが付着している」など目視でも確認できる事もあるので、その際は早めにご相談下さい。
岡山県の剪定・伐採・お手入れTOPへ
タイトルとURLをコピーしました