目的別一覧

硬くなった土の土壌改良と花壇施工(岡山県倉敷市)

地植えのバラや植物の成長が鈍ったため既存の硬くなった土を処分して土壌改良。バラに合う花壇も新規施工 担当庭師:吉田 晶良

施工地域 岡山県倉敷市
施工詳細(庭木の種類、工事内容など) 土壌改良、レンガ積み花壇
庭.proより 「ここ数年バラの花が減った?」「きれいな花が咲かなくなった?」などと思っていて、そのままにしている方も多いように思います。いくつか理由はあると思いますが、今回は土が固く水はけが悪く根が張れなくなり、根から養分や水分が吸収しにくくなっていたので、ある程度の深さまで土を掘り起こして処分した上でマサ土に腐葉土、堆肥、パーライト、暖効性肥料などで土壌改良を行いました。レンガ花壇に関しては施主様と相談しながら素材感や色また設置場所や曲線の角度など決めて作っていきました。 バラの育て方のポイントは、お水やりは頻繁にあげるよりは乾いたらたっぷりあげて、生育が旺盛なので風通しがよくなるよう、株と株の間を空けて植えるといいです。
岡山県の剪定・伐採・お手入れTOPへ
タイトルとURLをコピーしました