剪定の基本のやり方を庭師が伝授します♪

目次

剪定(せんてい)とは?
剪定のタイミングや時期
夏剪定
冬剪定
剪定の種類はどんなのがあるの?
剪定する枝と名前
不要枝の切り方と注意点
剪定の手本にするものは?
剪定ハサミはどんなのがいい?

剪定(せんてい)とは?

剪定(せんてい)とは、植物の不要な枝や葉などを切り、樹形(植物の形)を整えたり、風通しを良くしたりして、育成を促進したり、逆に育成を抑えたりする作業のこと。剪定作業には、その木にふさわしい方法と時期があり、見た目を美しくするだけではなく、養分を効率良く吸収できるようにしたり、病害虫の繁殖を予防する効果などがある。剪定は植物により適正な時期と剪定方法は異なっているため、正しい知識と技術で行うことで、美しく元気な姿を保つことができます。

剪定のタイミングや時期

庭木の剪定は庭木や生垣などを美しく元気に保つためには重要な作業ですが、基本的には毎年、夏と冬の年2回剪定するのが理想的です。それぞれの時期で剪定の目的とやり方は異なり、夏剪定と冬剪定を定期的に行うことで、年間を通して美しいお庭を保つことが可能となります。それぞれの庭木の剪定時期とやり方は、庭木や花木などの種類により異なりますが、基本的には発芽前の樹木の休眠中に行う冬期剪定と、木の生育中に行う夏期剪定が剪定の基本時期となっています。

夏剪定(なつせんてい)

気温が暖かくなり、太陽の日差しを浴びて、茂ってきた枝や葉を剪定し、樹木全体の形(樹形)を整えることを目的とした剪定が夏剪定です。夏季に行う剪定は、日当たりや通気性を良くし、枝を短くすることで災害時などの強風で枝や木が折れるのを避けたり、病害虫の繁殖を予防することなどを目的としています。

冬剪定(ふゆせんてい)

樹木がが活動を始める春に備えて、未だ気温の低い時期に、不要な枝を切ったり、茂っている葉を減らすような剪定(基本剪定)を行うこを冬季剪定と呼んでいます。冬剪定は木の形を整えることが大きな目的ですから、夏選定に比べ、太く大きな剪定となります。尚、新芽が育つのが5月頃の庭木は、3月~4月の春に行う場合もあります。

剪定の種類はどんなのがあるの?

剪定には大きく分けて2種類があります。その1つは基本剪定というものです。基本剪定は、樹木が成長を始める春先に行う場合が多く、樹木の成長を促すための剪定です。基本剪定のやり方には色々な剪定方法があり、切り戻し、枝抜き、切返しなどの選定方法があります。もう1つは軽剪定というものです。軽剪定は樹木の形を美しく保ち、風通しや日当たりを良くするために、夏から秋にかけて行うのが場合が多く、剪定する時期から夏剪定とも呼ばれています。

では、それぞれの剪定方法について詳しく解説していきます。剪定とは枝などを切ることですが、樹木の種類や樹齢、季節などにより、剪定自体の目的ややり方が異なります。剪定の主たる目的は、樹形作り、樹形維持、樹勢の調整、風通しや日当たりの改善などとなります。

枝透かし剪定(えだすかしせんてい) = 枝抜き剪定(えだぬきせんてい)

枝や葉が混み合っている所を間引く剪定です。間引く度合いにより、「大透かし」、「中透かし」、「小透かし」と呼ばれています。

大透かし(おおすかし)

樹木の骨格を形成している大枝や太枝の込み具合から、不要と判断した枝(忌み枝)を付け根から切り取る方法で、剪定鋏で切れる程度の太さの枝に対して行う。場合によりノコギリを使用する場合もあります。強剪定とも呼ばれています。

中透かし(なかすかし)

樹冠を形成している3年~4年の枝を間引く剪定方法で、剪定鋏を使用して大まかに樹形を整える剪定方法。中剪定とも呼ばれています。

小透かし(こすかし)

樹冠外周部の細い枝の本年枝と前年枝を中心に、枝先の込み合った枝や葉を木鋏で間引いて整える剪定方法。木鋏で切れる程度の太さの枝を中心に行う。弱剪定とも呼ばれています。

切り戻し剪定(きりもどしせんてい) = 切り返し剪定(きりかえしせんてい)

枝葉の茂り具合を考慮し、樹冠を一回り小さくする剪定方法。樹形を保ったまま樹冠を小さくしたり、形を作り直したりする剪定方法。

整姿剪定(せいしせんてい)

樹冠を整えることを目的に、不揃いの枝の長さを切って整える剪定方方。土用芽などを剪定して整えることが多い。

整枝剪定(せいしせんてい)

樹木の骨格を作るために、良い枝ぶりを作ることを目的とした剪定方法。晩秋から冬に行うことが多く、春までの期間は樹形や樹姿が楽しめる。

切り詰め剪定(きりつめせんてい)

育ちすぎた樹形を縮める為や、わざと太い徒長枝を出させて花つきをよくする為に行う剪定で「強い剪定」になる。

枝おろし剪定(えだおろしせんてい)

枝が茂ってきて、細かい枝葉が交錯するようになった場合や、移植時などに根の切断によって樹形のバランスが崩れないように不要な大枝を切り取る選定作業。その樹木に負担のかからない時期に行うことが必要。

吊りし切り剪定(つるしぎりせんてい)

大木の枝を切る時に、庭師が木に登りロープを使用して枝をおろす方法。基本的にプロの庭師が行う。

伐採剪定(ばっさいせんてい)

不要になった樹木を根株だけを残してすべて切り取る方法。株立ち樹形を作る場合に行う。

野透かし剪定(のすかしせんてい) = ノコギリ透かし剪定(のこぎりすかしせんてい)

樹形を保ちながら長さを縮めることを目的として、ノコギリを使って、枝抜き、切きり戻しを行う方法。

刈り込み剪定(かりこみせんてい)

刈り込み鋏を使用して、樹形を作る剪定方法。玉散らし、玉物仕立て、生垣、トピアリーなどはこの方法で行う場合が多い。

花柄摘み(はながらつみ)

咲き終わった花を摘み取る選定方法「花柄摘み」という。鋏などの刃物を使わない剪定方法。

芽かき(めかき)

刃物を使わずに不要な芽を取り除く選定方法。

摘蕾(てきらい)

刃物を使わずに不要な蕾を取り除く剪定方法。

古葉かき(ふるはかき)

刃物を使わずに不要な古い葉を摘み取って整える剪定方法。

みどり摘み(みどりつみ)

松類の新芽のことを「みどり」と言い、その新芽と若葉を摘み取る剪定方法。芽の大きさと数を制限し、新梢(しんしょう)の大きさを抑える。

剪定する枝と名前

樹木により剪定を行う時期や剪定方法は異なりますが、剪定するべき枝(忌み枝)はほぼ同じです。剪定するべき不要な枝のことを「不要枝(ふようし)」「忌み枝(いみえだ)」などと呼びます。剪定の基本的な行程は、①混みあった枝や、不要な枝を整理する。②樹冠を乱す枝を整理する。この順番で施工していきます。では、剪定を行う不要枝(忌み枝)の種類と名称をご紹介致します。

画像の左上から反時計周りの順で説明します。

①車枝(くるまえだ)
1ヶ所から数本出る枝。車輪状に枝が伸びている状態。そのままにすると樹形を乱し日当たりが悪くなる。

②平行枝(へいこうえだ)
主枝等と平行になるよう、後から伸びてきた枝。そのままにして成長した場合、日当たりを遮ることとなる。

③枝の切り残し(えだのきりのこし)
過去の剪定できり残した部分。切り残しがあると、その部分から枯れ込んでいく場合があるため、枝の付け根から切り落としておく。

④徒長枝(とちょうし)
幹や主枝から勢い良く伸びている枝。徒長枝は勢い良く真っ直ぐに伸びる傾向があるため、樹形を崩したり、花の付が悪くなったりする場合がある。

⑤胴吹き枝(どうふきえだ)
幹の途中から出た枝。胴吹き枝は木の幹から木の上部に送られる栄養を吸収してしまう枝のため、切っておきましょう。

⑥孫生え(ひこばえ)・弥子(やご)
根元から立ち上がる枝のことを孫生え(ひこばえ)。樹幹の根元から不規則に発生する小枝のことを弥子(やご)と呼びます。見映えや樹形が悪くなるために剪定の対象だが、光合成を求めている場合に、この枝を出す場合があるため、慎重に対応する。

⑦下がり枝(さがりえだ)
下向きに生えている枝。見映えが悪く樹形を乱すために切っておきましょう。

⑧交差枝(こうさえだ)
必要な枝に交差するように出る枝。そのままにすると風などで枝同士が擦れて樹皮が傷つく場合もあるため、枝の流れが悪い方を根元から切り取るか、枝が被らない位置まできり戻す。

⑨病害虫に侵された枝
病害虫に侵された枝は切り、病害虫の発生や傷の広がりを防ぐ。

⑩逆さ枝(さかさえだ)
木の幹方向に逆方向に伸びた枝。樹形を乱すため切ってしまいましょう。

⑪ふところ枝(ふところえだ)
樹冠付近から出る弱々しい枝。日差しを遮ったり、通風の妨げとなるため、元から切っておきましょう。

⑫樹冠からはみ出している枝
樹木の上部の葉が茂っている部分(樹冠)からはみ出している枝のこと。樹形を乱すため切っておきましょう。

不要枝の切り方と注意点

①不要枝の切り方について

枯れ枝や交差枝などの樹形を乱す枝を切り落とす場合は、枝の付け根から切り落としましょう。

②芽の種類を見て切る

枝には内芽と外芽があります。剪定を行う際は、内芽と外芽を意識して外芽を残すようにしましょう。

③形を整えて枝を切る

枝を切る場合には、節に気をつけて、外芽や枝分かれしている箇所のすぐ上で切りましょう。

枝別れの上

剪定後も自然な樹形に伸びていきます。

外芽の上

芽の高さと同じか、やや高い箇所で、枝に対して直角に切りましょう。

④混み合った枝を透く

枚数が増え混み合うと、樹形が乱れてしまい病害虫の原因となるため、剪定が必要です。枚数を減らす際には、樹木の枝のつき方により、切る枝を考えましょう。

互生:ごせい

枝葉が互い違いに生える性質

対生:たいせい

枝葉が対になっている性質

互い違いに切っていきます。

輪生:りんせい

枝葉が一箇所から3本以上生える性質

輪生は枝葉が1箇所から3本以上生えます。枝が重ならないように、2~3本残すように間引いていきます。

互生対生輪生
ソヨゴイロハモミジヤマボウシ
シャラコハウチワカエデ
ジューンベリーアオダモ
カツラ
ハニミズキ
シマトネリコ(十字対生)

剪定の手本にするものは?

自然樹形やプロの剪定後をお手本にしよう!

自分で剪定を行うときは、山に自然に生えていて、人の手の入っていない木をお手本に、樹形を合わせるように切っていくと良いです。近くに自然に生えている木がない場合は、庭師などが剪定をした後の木を参考にしてみてくださいね。

剪定ハサミはどんなのがいい?

剪定バサミ

通常は茎の直径1cm~1.5cm程度の枝を切ることが可能です。安価な1,000円以下のものからプロ用の高額なものまで、たくさんの種類が販売されています。切る枝の量が多い場合などは、手になじみが良く軽めのものを選ぶのがポイント。切れなくなったら研いで使うか、買い換えるかで値段を考えてみよう。

植木バサミ

剪定バサミよりも細かい作業を行う際には、植木バサミを使用します。刃先が尖っており、、刃の部分も細いため、直径1cmまでの枝が対象です。1cm以上の枝を無理やり切ったり、力で捻って切ろうとすると刃がこぼれやすいのでちゅうこぼれやすくなるので気をつけましょう。

刈り込みバサミ

垣根や生垣などの広い面積を刈り込むためのハサミです。形を整えるために刃が長く設計されています。柄が長めに作れれていますが、真ん中程を持って使用しましょう。

高枝切りバサミ

背の届かない高所の枝を切るときに使用します。手元のグリップでパイプの先に付けられた鋏を操作するタイプが多いですが、慣れていない場合は、グリップを握って切るタイプが使いやすいかも知れません。

高枝ノコギリ

高枝ノコギリは腕程度の太さなら楽に切れるように設計されていますが、慣れていない場合、刃が薄いと扱いにくいため、刃が厚くて軽量のものから試してみましょう。

脚立

脚立は様々な種類が発売されていますが、剪定に適したものは、四脚ではなく三脚のもの。四脚の脚立では地面が凸凹している場合は傾きや横揺れなどで転倒しやすく危険です。三脚のものであれば、前後左右に安定しており、地面が多少凸凹していても四脚に比べ揺れに強く安全性も高くなります。

樹木別剪定の方法

【アオダモ】剪定の基本を庭師が伝授
庭.proの庭師がアオダモの木の剪定方法をお伝えします。樹木の特長や育て方、剪定などのメンテナンス方法まで、丸ごと伝授!
【ウバメガシ】剪定の基本を庭師が伝授
「ウバメガシ」という名前だけ聞くと、変わった名前の木ですが実はどんぐりの木の一種です。潮風や排気ガスなどにも強いため、小さくて堅い濃い緑色の葉は庭の生垣や庭木にもおすすめの樹木ですが見映えや木の健康のためにも剪定は必要不可欠です。ウバメガシの剪定方法から特徴や育て方、病気、枯れる原因などについてご紹介したいと思います。
【梅の木】剪定の基本を庭師が伝授
大切な梅の木の剪定に失敗しないために。庭.proの庭師が剪定方法をレクチャーします!春にかわいらしい梅の花を楽しむには、剪定時期がとっても重要です。適切な季節や剪定のやり方など、参考にして下さい。
【オリーブ】剪定の基本を庭師が伝授
大切なオリーブの剪定に失敗しないために。庭.proの庭師が剪定方法をレクチャーします!オリーブはお洒落な見た目から、食用のほかにも観賞用やガーデニングなどで人気の樹木です。オリーブの実を収穫するためにも適切な剪定時期や剪定のやり方など、参考にして下さい。
【柿の木】剪定の基本を庭師が伝授
育てやすく家庭果樹として推奨される柿の木の剪定に失敗しないために、庭.proの庭師が剪定方法をレクチャーいたします!柿の剪定は12月~2月頃が剪定時期です。
【キンモクセイ】剪定の基本を庭師が伝授
キンモクセイはとても生育旺盛です。放っておくとかなり大きくなってしまいます。大きくなったからと言って、一気に刈り込むと枝が枯れ、さらに花芽も育たなくなってしまう事があるので気を付けて下さい。
【クロガネモチ】剪定の基本を庭師が伝授
クロガネモチの剪定は寒さに若干弱いところがあるので冬次期の剪定は出来れば控えて下さい。おそらく枯れる事は無いと思いますが、冬時期の強い風や厳しい冷込みよって葉が落ちてしまう事が多いです。一番剪定に適した時期は6月もしくは9月がいいです。
【月桂樹】剪定の基本を庭師が伝授
ローマ時代からアポロンの聖樹として神聖視された月桂樹。剪定に失敗しないために、庭.proの庭師が剪定方法をレクチャーいたします!月桂樹の剪定時期は、3月~4月上旬です。
【欅(ケヤキ)】剪定の基本を庭師が伝授
ケヤキは、街路樹や並木道等としても重宝されている樹木です。本来ケヤキは自然樹形の樹木ですが、剪定を怠ると20m以上の大木になってしまいます。庭木として育てる場合は、生長後のスペースを考慮する必要があります。ここでは小さく保ちながら育てる方法や剪定についてご紹介しています。
【コニファー】剪定の基本を庭師が伝授
常緑のコニファーは家の目隠しや、葉が落ちないことから掃除の手間がかからずお手入れの楽なシンボルツリーとしても愛されていますよね。鮮やかな緑や芳香には癒し効果があり、冬には装飾をして楽しめるクリスマスツリーとして利用されている方も多いのではないでしょうか。コニファーをより美しく楽しむための剪定のポイントをご紹介します。
【コノテガシワ】剪定の基本を庭師が伝授※動画あり
コノテガシワは若木の間は刈り込みをしなくても自然と樹形が整いますが、次第に枝葉の重みで形が崩れてきたりします。また成長すると10m以上になるのでそうなる前に適時、整枝する必要があります。
【コブシ】剪定の基本を庭師が伝授
コブシの醍醐味でもある開花時の美しさを毎年保つ為には、適度な剪定で花芽を残す技術が必要になります。
【榊(サカキ)】剪定の基本を庭師が伝授
榊の剪定時期はそれほど慎重になる必要はありませんが一般的には3月~4月と9月~10月にかけて剪定を行います。芽が出るのが旺盛なので、こまめな剪定が大事なので長く伸びた枝を見つけたりしたら切っていきましょう!
【桜(ソメイヨシノ)】剪定の基本を庭師が伝授
ソメイヨシノは日本では他の品種を圧倒するほど、桜の中でも人気の樹木になります。お庭に素敵な桜を咲かせるためにも、今回は桜(ソメイヨシノ)の剪定方法や特長、注意点などをご紹介します。
【さくらんぼ】剪定の基本を庭師が伝授
さくらんぼの実をしっかりとつけたいとお考えの方は、年3回の剪定が理想的です。少なくとも、夏と冬の2回は剪定を行ったほうがいいでしょう。剪定をすることで日当たりや風通しを良くしたり、養分を効率よく実に送ったりできるからです。
【山茶花(サザンカ)】剪定の基本を庭師が伝授
椿(ツバキ)と似ていることでも有名な山茶花(サザンカ)の剪定に失敗しないために。庭.proの庭師が剪定方法をレクチャーします!6~7月にヤマボウシを楽しむには、剪定時期がとっても重要です。適切な季節や剪定のやり方など、参考にして下さい。
【サルスベリ】剪定の基本を庭師が伝授
サルスベリはお庭のシンボルツリーとしてぴったりな樹木のひとつです。初夏から晩秋にかけて赤や白・ピンクなどの可憐な花が咲き、庭の彩りも美しくなります。今回は、サルスベリの剪定方法や特長、育て方のコツ・注意点などをご紹介します。
【シマトネリコ】剪定の基本を庭師が伝授
成長が早く放っておくと枝や葉が茂ってモサモサになってしまい、シマトネリコの特徴ともいえる「涼し気でさわやかな印象」が損なわれてしまうことがあります。そうならないうちに丁寧に剪定することをオススメします。
【シャリンバイ】剪定の基本を庭師が伝授
シャリンバイは多少の乾燥や強剪定で枯れる心配はありませんが、一度樹形が乱れると元に戻すのは大変なので、いくつかある気をつける剪定ポイントを伝えます。
【ジューンベリー】剪定の基本を庭師が伝授
ジューンベリーは近年シンボルツリーとして人気の高い庭木です。自然に樹形が整うので、しっかり剪定をするような木ではありませんが、勢い良く伸びすぎた枝や、枝が集中しているところがある場合は、剪定が必要です。 このページでは、ジューンベリーのキレイな見た目を維持するための剪定の仕方や時期などをご紹介します。
【シラカシ】剪定の基本を庭師が伝授
庭木で人気の身近な樹木のシラカシを自分で剪定する方法をお教えします。 シラカシは剪定を上手に行わないと樹木全体の外観を損なってしまうばかりか、樹木の健康状態にまで影響が出ることもあります。 剪定方法についてはもちろん、シラカシの上手な育て方や生育のコツまでシラカシの魅力とあわせて詳しく説明します。
【シルバープリペット】剪定の基本を庭師が伝授
シルバープリペットは斑入りの葉が魅力ですが日当たりや環境によっては緑色の葉に変わる事があります。しかし緑色の葉の枝を切る事でまた斑入りの葉が出てくるので、綺麗な緑と白のコントラストの葉を楽しむ為にも剪定を行いましょう。シルバープリペットの剪定の仕方や注意点、特徴を詳しく解説しています。
【蘇鉄(ソテツ)】剪定の基本を庭師が伝授
どこか南国を思わせる蘇鉄(ソテツ)。庭.proの庭師が剪定方法をレクチャーします!盆栽や観葉植物としても根強い人気を誇っている蘇鉄(ソテツ)を楽しむ為にも適切な季節や剪定のやり方などを参考にして下さい。
【ソヨゴ】剪定の基本を庭師が伝授
風にそよぐと音を立てることから名付けられた「ソヨゴ」。年中きれいな緑を楽しめて、手入れがあまり必要なく、比較的病害虫が少ないためシンボルツリーとしても人気な「ソヨゴ」の剪定に失敗しないために、庭.proの庭師が剪定方法をレクチャーいたします。
【ツゲ】剪定の基本を庭師が伝授
ツゲは庭木の他にも、生垣としても人気の樹木になります。今回は、そんなツゲの選定方法やコツ、剪定時期についてご紹介します。
【ツツジ】剪定の基本を庭師が伝授
ツツジは一般的に育てやすい花といわれますが、場合によっては花が咲かなくなることがあります。その理由は肥料をあげすぎたり、枝を切りすぎたりといった、お手入れのやり方が関係していることが多いです。美しく咲いたツツジを楽しむために、上手く咲かない原因やお手入れとして欠かせない剪定方法、最適な時期などをお教えします。
【南天(ナンテン)】剪定の基本を庭師が伝授
庭.proの庭師がナンテンの剪定方法をレクチャーします!ナンテンは自然樹形を楽しむのが基本で、若木の段階で剪定する必要はありませんが、次第に株元から発生する枝数が増えて込み合って害虫発生の原因、また株が増えすぎると花つきも悪くなってきますので、剪定の必要性が出てきます。
【ハウチワカエデ】剪定の基本を庭師が伝授
秋になるとさまざまに色づきながら紅葉するハウチワカエデ。紅葉時は、葉全体が色づかず、黄色、オレンジ、赤など様々に染まって見ごたえがあります。近年では里山風のお庭づくりに欠かせない樹木として人気があります。このページではハウチワカエデの育て方のポイント、お手入れのコツなどをご紹介します。
【ハナミズキ】剪定の基本を庭師が伝授
大切なハナミズキの剪定に失敗しないために。庭.proの庭師が剪定方法をレクチャーします!花のように葉が色付いたり、紅葉して赤い実を付けるなど、四季折々のハナミズキを楽しむために適切な剪定時期や剪定のやり方など、参考にして下さい。
【ヒバ】剪定の基本を庭師が伝授
生垣用途や庭木として人気のヒバ。育ちすぎて手にあまることもありますので、最低でも年に1回は剪定することがおすすめします。
【ブルーベリー】剪定の基本を庭師が伝授
果実は可愛らしく、庭木として育てる果樹としては育てやすいこともあり人気があります。初心者でも育てやすい果樹ですが、たくさん実をつけたり、おいしい実に育てるためには剪定が必要です。今回は、そんなブルーベリーの剪定方法についてレクチャーします。
【槙(マキ)】剪定の基本を庭師が伝授
生垣や庭木に利用されてる槙(まき)の剪定に失敗しないために。庭.proの庭師が剪定方法をレクチャーします!樹形の美しい槙(まき)を楽しむには、剪定時期がとっても重要です。適切な季節や剪定のやり方など、参考にして下さい。
【松の木】剪定の基本を庭師が伝授
綺麗に手入れされた庭の「松の木」は見栄えも良いですが、松の木の剪定は他の木に比べて難しい・面倒だと言われています。ここでご紹介する松の木の剪定方法で、初心者の方でもちょっとしたコツを掴めば簡単な手入れなら可能です。ご自身で松の木の剪定がより上手にできるよう、道具の準備や基本作業、剪定のやり方など、庭.proの庭師がレクチャーしています。
【もみじ】剪定の基本を庭師が伝授
秋を彩る紅葉(もみじ)の剪定に失敗しないために。庭.proの庭師が剪定方法をレクチャーします!秋に美しい紅葉を楽しむには、剪定時期がとっても重要です。適切な季節や剪定のやり方など、参考にして下さい。
【ヤマボウシ】剪定の基本を庭師が伝授
ハナミズキに似たヤマボウシの剪定に失敗しないために。庭.proの庭師が剪定方法をレクチャーします!6~7月にヤマボウシを楽しむには、剪定時期がとっても重要です。適切な季節や剪定のやり方など、参考にして下さい。
【ヤマモモ】剪定の基本を庭師が伝授
真っ赤で甘酸っぱい実がかわいいヤマモモの木。日本人にとってなじみ深い樹木で、庭木として育てている方は意外にも多いです。このページではヤマモモの剪定時期や剪定方法などを詳しくご紹介します。ヤマモモは剪定をせず放置してしまっていると害虫が発生するおそれもあるため、剪定の知識やお手入れの方法など詳しく知っておきましょう。
【ラベンダー】剪定の基本を庭師が伝授
優雅で豊かな香りがすることから、人気のラベンダー。強壮や鎮静、体の不調を整える効果が期待できることから、はるか昔は薬用植物として使われていました。 ラベンダーの種類や育て方のポイント、お手入れのコツなどをご紹介します。
【レイランディ】剪定の基本を庭師が伝授
鮮やかな緑色と円錐型の樹形が美しいレイランディ。コニファーと呼ばれる常緑針葉樹の中でも、生育が活発で丈夫なので、庭木の中でも人気のある品種です。 ここでは、レイランディの育て方のポイント、お手入れのコツなどをご紹介します。
【ローズマリー】剪定の基本を庭師が伝授
ローズマリーは手軽に収穫や栽培が楽しめる汎用性の高いハーブとして有名です。剪定をしながら収穫もできるので、初心者にも育てやすい植物です。こちらではそんな初心者におすすめなローズマリーの剪定方法や時期、コツなどを伝授します!

剪定マニュアルダウンロード

庭木の剪定メンテナンス資料ダウンロードページ | KGコンシェルジュ(ケージーコンシェルジュ)
お役立ち資料岡山県の庭木の剪定時期、よく植えられている植栽の剪定方法や肥料の与え方などをまとめたメンテナンスブックです。このメンテナンスブックは、岡山県でよく使われている植栽の剪定時期、剪定方法、肥料や害虫予防・駆除の方法を分かりやすく図解しています。見やすいA4版全15ページ(PDF)にまとめていますので、印刷してお...
「アオダモ」の剪定マニュアルダウンロードページ | KGコンシェルジュ(ケージーコンシェルジュ)
お役立ち資料「アオダモ」の剪定時期、剪定方法や肥料の与え方などをまとめたメンテナンスブックです。「アオダモ」の剪定メンテナンスブックは、剪定の時期、剪定方法、肥料の与え方などを分かりやすく図解しています。見やすいA4版(PDF)にまとめていますので、印刷してお手元に保管しておいても使い勝手が良くなっています。〔内容〕植...
「イロハモミジ」の剪定マニュアルダウンロードページ | KGコンシェルジュ(ケージーコンシェルジュ)
お役立ち資料「イロハモミジ」の剪定時期、剪定方法や肥料の与え方などをまとめたメンテナンスブックです。「イロハモミジ」の剪定メンテナンスブックは、剪定の時期、剪定方法、肥料の与え方などを分かりやすく図解しています。見やすいA4版(PDF)にまとめていますので、印刷してお手元に保管しておいても使い勝手が良くなっています。〔...
「オリーブ」の剪定マニュアルダウンロードページ | KGコンシェルジュ(ケージーコンシェルジュ)
お役立ち資料「オリーブ」の剪定時期、剪定方法や肥料の与え方などをまとめたメンテナンスブックです。「オリーブ」の剪定メンテナンスブックは、剪定の時期、剪定方法、肥料の与え方などを分かりやすく図解しています。見やすいA4版(PDF)にまとめていますので、印刷してお手元に保管しておいても使い勝手が良くなっています。〔内容〕植...
「カツラ」の剪定マニュアルダウンロードページ | KGコンシェルジュ(ケージーコンシェルジュ)
お役立ち資料「カツラ」の剪定時期、剪定方法や肥料の与え方などをまとめたメンテナンスブックです。「カツラ」の剪定メンテナンスブックは、剪定の時期、剪定方法、肥料の与え方などを分かりやすく図解しています。見やすいA4版(PDF)にまとめていますので、印刷してお手元に保管しておいても使い勝手が良くなっています。〔内容〕植木:...
「コハウチワカエデ」の剪定マニュアルダウンロードページ | KGコンシェルジュ(ケージーコンシェルジュ)
お役立ち資料「コハウチワカエデ」の剪定時期、剪定方法や肥料の与え方などをまとめたメンテナンスブックです。「コハウチワカエデ」の剪定メンテナンスブックは、剪定の時期、剪定方法、肥料の与え方などを分かりやすく図解しています。見やすいA4版(PDF)にまとめていますので、印刷してお手元に保管しておいても使い勝手が良くなってい...
「シマトネリコ」の剪定マニュアルダウンロードページ | KGコンシェルジュ(ケージーコンシェルジュ)
お役立ち資料「シマトネリコ」の剪定時期、剪定方法や肥料の与え方などをまとめたメンテナンスブックです。「シマトネリコ」の剪定メンテナンスブックは、剪定の時期、剪定方法、肥料の与え方などを分かりやすく図解しています。見やすいA4版(PDF)にまとめていますので、印刷してお手元に保管しておいても使い勝手が良くなっています。〔...
「シャラ」の剪定マニュアルダウンロードページ | KGコンシェルジュ(ケージーコンシェルジュ)
お役立ち資料「シャラ」の剪定時期、剪定方法や肥料の与え方などをまとめたメンテナンスブックです。「シャラ」の剪定メンテナンスブックは、剪定の時期、剪定方法、肥料の与え方などを分かりやすく図解しています。見やすいA4版(PDF)にまとめていますので、印刷してお手元に保管しておいても使い勝手が良くなっています。〔内容〕植木:...
「ジューンベリー」の剪定マニュアルダウンロードページ | KGコンシェルジュ(ケージーコンシェルジュ)
お役立ち資料「ジューンベリー」の剪定時期、剪定方法や肥料の与え方などをまとめたメンテナンスブックです。「ジューンベリー」の剪定メンテナンスブックは、剪定の時期、剪定方法、肥料の与え方などを分かりやすく図解しています。見やすいA4版(PDF)にまとめていますので、印刷してお手元に保管しておいても使い勝手が良くなっています...
「ソヨゴ」の剪定マニュアルダウンロードページ | KGコンシェルジュ(ケージーコンシェルジュ)
お役立ち資料「ソヨゴ」の剪定時期、剪定方法や肥料の与え方などをまとめたメンテナンスブックです。「ソヨゴ」の剪定メンテナンスブックは、剪定の時期、剪定方法、肥料の与え方などを分かりやすく図解しています。見やすいA4版(PDF)にまとめていますので、印刷してお手元に保管しておいても使い勝手が良くなっています。〔内容〕植木:...
「ハナミズキ」の剪定マニュアルダウンロードページ | KGコンシェルジュ(ケージーコンシェルジュ)
お役立ち資料「ハナミズキ」の剪定時期、剪定方法や肥料の与え方などをまとめたメンテナンスブックです。「ハナミズキ」の剪定メンテナンスブックは、剪定の時期、剪定方法、肥料の与え方などを分かりやすく図解しています。見やすいA4版(PDF)にまとめていますので、印刷してお手元に保管しておいても使い勝手が良くなっています。〔内容...
「常緑ヤマボウシ」の剪定マニュアルダウンロードページ | KGコンシェルジュ(ケージーコンシェルジュ)
お役立ち資料「常緑ヤマボウシ」の剪定時期、剪定方法や肥料の与え方などをまとめたメンテナンスブックです。「常緑ヤマボウシ」の剪定メンテナンスブックは、剪定の時期、剪定方法、肥料の与え方などを分かりやすく図解しています。見やすいA4版(PDF)にまとめていますので、印刷してお手元に保管しておいても使い勝手が良くなっています...

まとめ

かけ足で剪定の基本を説明してきましたがいかがだったでしょうか。剪定は庭木などを美しく楽しむために必要な知識です。植物は生き物ですから、いつもキレイな姿でいて欲しいものです。また剪定は自分でやると序々にコツが分かってきて上手になっていきますから、頑張ってみてくださいね。ご自身での施工が難しい場合は「庭.pro」までご用命くださいね。では素敵なお庭ライフを!

2019年7月12日
執筆者:造園技能士 竜門 健太郎

笑顔で剪定する庭師の竜門さん

自分では難しい、やっぱりプロに依頼したいという方へ♪


庭.proではプロの庭師による剪定・伐採・消毒サービスを行っています。

  • 仕上がりが断然違う
  • 圧倒的な作業スピード
  • 伝統と革新

和のお庭から洋風のお庭までお任せ下さい!
庭師による剪定・伐採・消毒サービスはこちら

図解入り剪定マニュアルをKGコンシェルジュのサイトでダウンロード

タイトルとURLをコピーしました