アーモンド VS サクランボ VS 初御代桜 どれが好き?

こんにちは。庭.pro編集部スタッフの自宅に春のお花が咲き始めました。サクランボ(暖地桜桃)、アーモンド(扁桃)、サクラ(初御代桜)の3種類が一度に開花しました!撮影日は本日、2022年3月17日です。さて、どれがどのお花か分かりますか~?

A B C

答えは~





Aは「アーモンド」

アーモンドはバラ科モモ属の落葉高木で、樹高5m程度になります。この3種類の中では、毎年一番早く開花していますが、今年はちょっと遅めかも知れません。モモの仲間なので花はモモの花にそっくりで、花びらの中にピンクの筋が入るのが特徴です。実はモモそのもので、種の中の仁の部分がアーモンドです。杏仁豆腐も良く口にすると思いますが、杏仁豆腐は、杏(アンズ)の仁の部分を使用するので杏(アンズ)の仁で杏仁です。ということは、アーモンドの仁を使えば、アーモンド仁豆腐ですかね~?

Bは「サクランボ」

サクランボはバラ科サクラ属の落葉中高木で、樹高は3~4m程度になります。サクランボは基本的に寒冷な気候を好みますが、暖地桜桃(だんちおうとう)は暖かい地域でも、結実性が良くて病気にも強いので私のような初心者向きな品種です。果実は小粒ですが、毎年よく実って、お花も果実も楽しめます。サクランボは自家不結実性の品種が多く、結実させるには異なる品種の混植が必要ですが、この品種は1本でも結実する品種なので、自宅庭に1本だけ植えて楽しめますよ。

Cは「初御代桜」(ハツミヨザクラ)

こちらは知り合いの山から採取して丸2年の若木です。初御代桜は、野生種のカンヒザクラに啓翁桜(啓翁桜は、ミザクラを台木にして、 ヒガンザクラの枝変わりとして誕生した品種)を交配された品種で、切り花用に適した品種だそうです。花色は染井吉野より少しピンクが強く、開花時期も染井吉野より少し早い品種です。

どうですか?正解しましたか?春を告げる美しい花に囲まれてみませんか。そのお庭に適した庭木やお花をご提案致します。

2022年3月17日
執筆者:造園技能士 竜門 健太郎

笑顔で剪定する庭師の竜門さん

自分では難しい、やっぱりプロに依頼したいという方へ♪


庭.proではプロの庭師による庭づくり・庭リフォームサービスを行っています。

  • 仕上がりが断然違う
  • 圧倒的な作業スピード
  • 伝統と革新

和のお庭から洋風のお庭までお任せ下さい!

庭.proの庭づくりサービスはこちら

お問い合わせはこちら
サービスエリア:
東京・埼玉・岡山・広島・香川
図解入り剪定マニュアルをKGコンシェルジュのサイトでダウンロード 図解入り剪定マニュアルをKGコンシェルジュのサイトでダウンロード

※関連サイト「KGコンシェルジュ」にリンクします。

【ヤマモモ】剪定の基本を庭師が伝授
真っ赤で甘酸っぱい実がかわいいヤマモモの木。 「ヤマモモ」という言葉自体をあまり聞いたことがない方もいるかもしれませんが、日本人にとってなじみ深い樹木で、庭木として育てている方は意外にも多いです。 では、庭木に植えているヤマ...
【サクランボ(さくらんぼ)の木】剪定の基本を庭師が伝授
サクランボ(さくらんぼ)の実をしっかりとつけたいとお考えの方は、年3回の剪定が理想的です。少なくとも、夏と冬の2回は剪定を行ったほうがいいでしょう。剪定をすることで日当たりや風通しを良くしたり、養分を効率よく実に送ったりできるからです。
【ソメイヨシノ(桜)】剪定の基本を庭師が伝授
ソメイヨシノは日本では他の品種を圧倒するほど、サクラ(桜)の中でも人気の樹木になります。お花見の時期になるとよく目にする桜の品種とも言えるでしょう。 自分で剪定したいけど、「桜切る馬鹿~」なんてことわざもあるくらいで失敗して枯らし...
剪定の基本のやり方を庭師が伝授します♪
剪定をやってみる?庭木の剪定の基本を庭師が伝授! 庭木の剪定には基本のやり方と剪定に適した時期があります。我々プロの庭師でも来年以降の樹形を考えながら行いますが、素人の方ならなおさらではないでしょうか。木の種類により剪定方法や...
タイトルとURLをコピーしました