【クロガネモチ編】剪定の基本を庭師が伝授♪

クロガネモチの剪定に挑戦!クロガネモチは火災から家を守る「火かぶせ木」の一つで更にはお金持ちになれる木とも言われる。そんな縁起の良い木なので剪定は慎重に(笑)

目次

クロガネモチの基礎知識
クロガネモチの剪定方法と時期
クロガネモチを剪定するメリット
クロガネモチを健康に育てる為に!剪定以外に必要な基礎情報
クロガネモチの剪定をプロの剪定業者に依頼する時のポイントは?

クロガネモチの基礎知識

クロガネモチの基礎知識
学名:Ilex rotunda
科名:モチノキ科
属名:モチノキ属
和名:クロガネモチ(黒鉄黐
英和:kurogane holly
開花期:5月~6月
花色:薄紫色
植え付け時期:5月~6月
耐寒性:普通
耐暑性:強い
剪定時期:6月か9月

もちのき科の常緑樹で中高木で、枝や葉が黒みがかってつやがあることからこの名が付いたようです。もちのきは樹皮から鳥もちを取るのに由来していますが、クロガネモチから取れる鳥もちはあまり質は良くありません。日本の中でも庭木における「東のモチノキ、西のクロガネモチ」と言われるくらい、昔から庭木に欠かせない樹木の一つとされて来ました。特に関西ではお金持ちになれるとして植えている庭も多くあるようです。寒さと日陰は少し苦手ですが、害虫にも強く、時期さえ間違わなければ強剪定も耐える事が出来ます。またクロガネモチは雄株と雌株があり、赤い実を付けるのは雌株のみなので、実の観賞もお考えの方は雌株を選んで下さい。
岡山ではクロガネモチの事をアクラと呼び、岡山市の木として市内の街路樹にクロガネモチを植えた通りそれがあの「アクラ通り」です。余談ですがあくら通りのように『通り』がつけられた道は東西に伸びている道で、道の方向が南北に伸びている場合は『筋』という表現が用いられています。

クロガネモチの剪定方法と時期

クロガネモチの剪定は寒さに若干弱いところがあるので冬次期の剪定は控えて下さい。おそらく枯れる事は無いと思いますが、冬時期の強い風や厳しい冷込みよって葉が落ちてしまう事が多いです。一番剪定に適した時期は6月もしくは9月がいいです。
クロガネモチは芽を出す力が強い為、刈込みや剪定、枝透かし剪定どちらでも大丈夫です。ちなみに枝透かし剪定は多少時間もかかりますし、刈込み剪定に比べると難易度も高くなりますがやはり仕上がりの美しさは断然枝透かし剪定が良いです!

樹高が高くなって全体的に小さくしたい場合は
①まずは希望する高さにあわせてのこぎりで切り落としますが、その時ポイントは途中から発芽した小枝を残してその上で切断するとその後の樹形が維持し易いです。
②自然な仕上がりにするにはなるべく幹に近い枝葉だけ残して細かな枝葉が出ているところ切ります。③最後に飛び出ている小枝を切って、枝先を揃えて仕上げます。

通常の剪定の場合は
①今年伸びた長い枝を分岐部分から切り落とします。理由は途中から剪定すると実が付き難くなります。
②中で込み合っている枝を落として全体的に風通しを良く枝透かし剪定していきます。
③仕上げの前には脚立から降りて全景を確認してイメージの形に枝先を揃えて仕上げます。

クロガネモチを剪定するメリット

クロガネモチは他の常緑樹と比べても比較的放置してても樹形が乱れ難く自然に整いやすい樹木だとされています。ただ、高さは大きくなると15mくらいに成長する事もあるので、放置しすぎるとお隣の敷地内に枝が侵入したり、他の植物が必要な日差しを遮って枯らしたり、風通しが悪くなり虫が増えたりする事態を剪定する事で防ぐ事が出来ます!!

クロガネモチを健康に育てる為に!選定以外に必要な基礎情報

クロガネモチは日当たりの良い場所を好みますが、日陰でも育ちます。ただ厳しい寒さや冷たい風に当たると実付が悪くなったり葉が落ちたりする事があります。土に関しては植え付ける場所は水はけが良く土に腐葉土や堆肥を混ぜ込んでだ土が適しているでしょう。水やりのポイントは植え付けから半年ほどは土の表面が乾いたら、水やりをしましょう。半年以降は雨だけで十分ですが、夏の暑い日照りが続くようであれば水やりを行って下さい。

クロガネモチの剪定をプロの剪定業者に依頼する時のポイントは?

剪定費用の安さだけが剪定業者選びの基準ではありません。
【適切な料金設定】と【実績の多さ】にも注目して、業者の信頼度を計ることが大切です。

【適切な料金設定】
料金設定が明確に決められており、しっかりとした見積りを出してくれる剪定業者は信頼性が高いです。
不明瞭な点は電話などで質問して明確にしておくことも大切です。

【実績の多さ】
実績が多い=経験と知識が豊富であるということです。
クロガネモチの剪定経験豊富な剪定職人・業者なら、庭のクロガネモチも丁寧に剪定してくれるでしょう。

費用を調べてもその費用が適切・妥当なのかわからない、目安の費用しか分からない…そう感じている方はぜひ見積もりを取ってみてください。
剪定業者に見積もりを出してもらうことで、費用を明確にすることができ、作業ごとにかかる料金が目に見えてわかるようになります。
また、剪定業者の費用の差だけではなく、技術力や経験値、対応そのもののサービスレベルなどもしっかりと見えてくることでしょう。半年後や一年後、更にはその先を見据えて剪定しているプロの庭師の仕事は時間が経ってからその違いに気付く事も多くあるようです。

庭のプロ集団『庭.pro(ニワドットプロ)』では、無料で見積もりをご依頼していただけます。
もしご自身での剪定作業に取り組むことが難しいと感じる作業や、時間がかかったり面倒だと感じてしまったりする作業は、庭のプロにお任せするのもクロガネモチを健康に美しく保つコツです。
自分でできることは自分で行い、できないことだけを任せる。
作業が難しい場合は、庭のプロ集団『庭.pro(ニワドットプロ)』までご相談ください。
綺麗な庭で皆様の暮らしが豊かになれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました