【ウメ(梅)の木】剪定の基本を庭師が伝授

青空の下満開に花を咲かせる梅の木

大切なウメ(梅)の木。自分で剪定したいけど、失敗して枯らしたり、傷めてしまったらどうしよう・・・。
そんな方に、ウメ(梅)の木の剪定方法やコツ、剪定時期についてご紹介します。

東京都内埼玉県内岡山県内広島県内香川県内で剪定・伐採などのお庭のメンテナンスサービスを提供しています
メールでのお問合せはコチラ
お電話での問合せ0120-335-332営業時間10:00~19:00(水曜日定休)]

目次

ウメ(梅)の木の基礎知識
ウメ(梅)の木の種類
ウメ(梅)の木の育て方
ウメ(梅)の木の剪定方法
ウメ(梅)の木を剪定をするメリット
ウメ(梅)の木を剪定する時期は?

■ウメ(梅)の木の基礎知識

学名:Prunus mume.
原産地:中国中部原産
和名:ウメ(梅)
英名:Japanese apricot
樹高:高木
常落区分:落葉性
日照:日なた
耐暑:強い
耐寒:強い
開花期:1~3月
花色:白、ピンク、複色
植えつけ時期:幼木の場合11月~12月、成木の場合2月下旬~3月中旬位。
記念樹:「結婚祝い」「父母への感謝」「巣立ちのお祝い」に向いています。梅は縁起の良い木とされています。詳しくはこちらから
花言葉:「上品」「高潔」「忍耐」「忠実」

サクラと見分けるのが難しいウメ(梅)ですが、「花柄(かへい)」がないのが特徴です。枝からそのまま花が咲いているように付いています。まとまって咲くのではなく、節ごとにひとつずつ咲きます。寿命が長く早春に開花することで古くから日本でも愛されいます。

■ウメ(梅)の木の種類

梅の木の種類は500種類とも言われ、花弁の数も様々です。大きくは「花ウメ」と梅干などへ実を加工される「実ウメ」に分けられます。
花弁の色は白・紅・ピンクなどがあります。

■ウメ(梅)の木の育て方

鉢植え、庭植えともに日当たりの良い場所を選びます。水はけが良く肥沃な土地を選びましょう。水遣りは植えて2年未満の木には土の表面が乾いたら水をたっぷりとやります。
庭植えで2年以上経つウメ(梅)の木には基本的に水遣りの必要はありませんが、夏場など乾燥が強い場合は水をしっかりとやりましょう。

■ウメ(梅)の木の剪定方法

苗を付けてからの年数と、季節によって剪定の仕方を変える必要があります。

●1年目

剪定の時期:9~11月の秋口

苗木の成長を促すために、地面から30~60㎝の高さに幹を剪定します。

●2年目

剪定の時期:12~1月の寒い時期

きれいな樹木形成の土台をつくります。

幹から上に伸びる大きい枝を3本だけ残し、他の枝は全て切り落とします。残した枝から出る細い枝も、3本ほどになるまで剪定します。また、残した細い枝は30%ほどまで切ります。

●3年目

剪定の時期:12~1月の寒い時期

上に伸びる枝を残し、それ以外の枝は枝元から切り落とします。
下に伸びている、他の枝と交差している、他の枝に比べて伸びすぎているような枝は切り落としましょう。

●4年目以降

剪定の時期:6~7月の夏

全体的に軽く剪定して、木の形を整えます。枝が偏っている箇所や、内側に伸びているものは枝元から剪定します。1年で1m以上伸びた生長の早い枝も切り落とします。

剪定の時期:10~1月の秋口~冬

翌年の花つきや実つきを良くするための剪定を行います。

枝が偏っている箇所や、内側に伸びているものは枝元から剪定します。細く弱い枝も取り除きます。

残った枝の花芽を確認します。枝元から花芽を5~6個残し、その先は剪定します。

太い枝を切った場合は、切り口に癒合剤などを塗って雑菌に侵されるのを予防しましょう。

■ウメ(梅)の木を剪定をするメリット

ウメ(梅)の木は、「正しい時期」に「正しい剪定」をする必要があります。それができていないと樹形が崩れるだけでなく、花も咲かない・・・といった事態になりかねません。
また、枝は年々伸びるので、数年に1度は太い枝も強く切り戻します。そうしないとどんどん大きくなって、手に負えなくなってしまうかもしれません。

■ウメ(梅)の木を剪定する時期は?

特に庭植のウメ(梅)の剪定の時期は重要です。
今年花が咲いた枝には、来年は花は咲きません。花が終わることに新芽が出始め、生長していきます。
ウメ(梅)には「花芽」と「葉芽」があり、花芽が翌年つぼみとなって花を咲かせます。葉芽は新芽として新しい枝を伸ばします。花が終わって伸び始めた新芽が「花芽」か「葉芽」か、確定するのが7月~8月ころとなります。

庭植えだと木の勢いが強いので、確定する前にバッサリと切ってしまうと、切られた事によりウメ(梅)の木が新しい枝を伸ばさなければ、と花芽も葉芽に変わってしまいます。このように剪定時期を間違えると、翌年ウメ(梅)の花を楽しむことができない…という事態に陥ってしまうわけです。

ですのでウメ(梅)の木の剪定は、花芽が確定した9月から、つぼみが膨らみはじめるまでの間に行うのが良いですね。秋口だとまだ葉がしっかりと茂っているので、分かりにくいこともあります。自信のない方は、ある程度葉が落ちてから剪定するのがおすすめです。

2022年2月15日
執筆者:造園技能士 竜門 健太郎

笑顔で剪定する庭師の竜門さん

自分では難しい、やっぱりプロに依頼したいという方へ♪


庭.proではプロの庭師による庭づくり・庭リフォームサービスを行っています。

  • 仕上がりが断然違う
  • 圧倒的な作業スピード
  • 伝統と革新

和のお庭から洋風のお庭までお任せ下さい!

庭.proの庭づくりサービスはこちら

お問い合わせはこちら
サービスエリア:
東京・埼玉・岡山・広島・香川
図解入り剪定マニュアルをKGコンシェルジュのサイトでダウンロード 図解入り剪定マニュアルをKGコンシェルジュのサイトでダウンロード

※関連サイト「KGコンシェルジュ」にリンクします。

ウメ
「ウメ」の記事一覧です。
剪定の基本のやり方を庭師が伝授します♪
剪定をやってみる?植木の剪定の基本を庭師が伝授! 植木の剪定には基本のやり方と剪定に適した時期があります。我々プロの庭師でも来年以降の樹形を考えながら行いますが、素人の方ならなおさらではないでしょうか。木の種類により剪定方法や...
剪定の切り方・切る場所・切り口の正しい方法を庭師が伝授します♪
剪定の切り方、切る場所、切り口は、正しい方法があります。正しい剪定の方法とは、剪定による樹体の損傷が極力少なくなるようにすることと、その後に腐朽など、将来に悪影響を及ぼさず、むしろ、剪定によって樹勢が蘇ったり、木が若返ったりできる手...
庭木の剪定時期一覧表(全76種の樹木別剪定時期年間カレンダー)
庭木の剪定は庭木や生垣などを美しく保つためには大変重要な作業ですが、剪定を行う時期はお正月を迎える前にキレイにしておこうと考えられる方が多いのも事実です。しかしながら実は剪定にはその木ごとに最適な時期とやり方があります。今回は庭木や...
庭木の移植方法
樹齢55年のさくらの木の移植作業/岡山市北区 庭木の移植を考えるタイミングの多くは、お家の建て替えやリフォームの時です。樹木の移植は種類や大きさよりますが植えつけて5年以上経っていると根がしっかり張っているので何も考えずに移植してしま...
庭師の選び方|見極める重要なポイント
庭師の選び方|見極める重要なポイント 庭木の剪定や造園、お庭づくり、お庭のリフォームなどを行いたいときに、どの庭師や造園会社に依頼すれば良いのか分からないことが多いというお声をたくさん頂戴します。庭師にも、造園会社にも、それぞれ得意分...
剪定の費用、相場はいくら?プロに頼むといくらぐらい?
思い入れのある庭木も、お手入れをしないと美しい状態のまま維持するのは難しいこと。剪定などのお手入れを怠るとすぐにボーボーになったり、お隣へご迷惑をかけてしまったりということもあります。これまでは自分でお手入れや剪定を行っていても、大...
植木と剪定の専門用語集
お庭や植木の専門用語は普段使わない言葉や日常的に使ってる意味とは異なるものもあり、分かりにくいですよね。庭師の方に剪定などを頼んでも、植木用語が分かっていないとチンプンカンプン!DIYでお庭の手入れやメンテナンスを行うにも、基礎レベ...
東京都の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 東京」へ! 庭.pro(ニワドットプロ)東京エリアでは、都内23区や多摩エリアの武蔵野市や川越市などを拠点とした、庭づくりのプロ=庭...
埼玉県の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 埼玉」へ! 埼玉県の対応エリア 埼玉県内では、以下の地域にて対応させていただいておりますが、隣接地域も承りますので、お問合せをお願...
広島県の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 広島」へ! 広島県の対応エリア 広島市 (中区/南区/東区/安芸区/安佐南区/安佐北区/佐伯区) ・東広島市 ・安...
岡山の庭づくりサービス
岡山市・倉敷市などの庭づくり・庭リフォー...
香川県の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 香川」へ! 香川県の対応エリア 高松市・坂出市・丸亀市・善通寺市・三豊市・観音寺市・さぬき市・東かがわ市・三木町・綾川...
タイトルとURLをコピーしました