【梅の木編】剪定の基本を庭師が伝授♪

青空の下、満開の花を咲かせる梅の木

梅の木の剪定!剪定のプロが方法を伝授します

青空の下満開に花を咲かせる梅の木

大切な梅の木。自分で剪定したいけど、失敗して枯らしたり、傷めてしまったらどうしよう・・・。
そんな方に、梅の木の剪定方法やコツ、剪定時期についてご紹介します。

目次

梅の木の基礎知識
梅の木の種類
梅の木の育て方
梅の木の剪定方法
梅の木を剪定をするメリット
梅の木を剪定する時期は?

■梅の木の基礎知識

学名:Prunus mume.
原産地:中国中部原産
和名:ウメ(梅)
英名:Japanese apricot
開花期:1~3月
植えつけ時期:幼木の場合11月~12月、成木の場合2月下旬~3月中旬位。

サクラと見分けるのが難しい梅ですが、「花柄(かへい)」がないのが特徴です。枝からそのまま花が咲いているように付いています。まとまって咲くのではなく、節ごとにひとつずつ咲きます。寿命が長く早春に開花することで古くから日本でも愛されいます。

■梅の木の種類

梅の木の種類は500種類とも言われ、花弁の数も様々です。大きくは「花ウメ」と梅干などへ実を加工される「実ウメ」に分けられます。
花弁の色は白・紅・ピンクなどがあります。

■梅の木の育て方

鉢植え、庭植えともに日当たりの良い場所を選びます。水はけが良く肥沃な土地を選びましょう。水遣りは植えて2年未満の木には土の表面が乾いたら水をたっぷりとやります。
庭植えで2年以上経つ梅の木には基本的に水遣りの必要はありませんが、夏場など乾燥が強い場合は水をしっかりとやりましょう。

■梅の木の剪定方法

苗を付けてからの年数と、季節によって剪定の仕方を変える必要があります。

●1年目

剪定の時期:9~11月の秋口

苗木の成長を促すために、地面から30~60㎝の高さに幹を剪定します。

●2年目

剪定の時期:12~1月の寒い時期

きれいな樹木形成の土台をつくります。

幹から上に伸びる大きい枝を3本だけ残し、他の枝は全て切り落とします。残した枝から出る細い枝も、3本ほどになるまで剪定します。また、残した細い枝は30%ほどまで切ります。

●3年目

剪定の時期:12~1月の寒い時期

上に伸びる枝を残し、それ以外の枝は枝元から切り落とします。
下に伸びている、他の枝と交差している、他の枝に比べて伸びすぎているような枝は切り落としましょう。

●4年目以降

剪定の時期:6~7月の夏

全体的に軽く剪定して、木の形を整えます。枝が偏っている箇所や、内側に伸びているものは枝元から剪定します。1年で1m以上伸びた生長の早い枝も切り落とします。

剪定の時期:10~1月の秋口~冬

翌年の花つきや実つきを良くするための剪定を行います。

枝が偏っている箇所や、内側に伸びているものは枝元から剪定します。細く弱い枝も取り除きます。

残った枝の花芽を確認します。枝元から花芽を5~6個残し、その先は剪定します。

太い枝を切った場合は、切り口に癒合剤などを塗って雑菌に侵されるのを予防しましょう。

■梅の木を剪定をするメリット

梅の木は、「正しい時期」に「正しい剪定」をする必要があります。それができていないと樹形が崩れるだけでなく、花も咲かない・・・といった事態になりかねません。
また、枝は年々伸びるので、数年に1度は太い枝も強く切り戻します。そうしないとどんどん大きくなって、手に負えなくなってしまうかもしれません。

■梅の木を剪定する時期は?

特に庭植の梅の剪定の時期は重要です。
今年花が咲いた枝には、来年は花は咲きません。花が終わることに新芽が出始め、生長していきます。
梅には「花芽」と「葉芽」があり、花芽が翌年つぼみとなって花を咲かせます。葉芽は新芽として新しい枝を伸ばします。花が終わって伸び始めた新芽が「花芽」か「葉芽」か、確定するのが7月~8月ころとなります。

庭植えだと木の勢いが強いので、確定する前にバッサリと切ってしまうと、切られた事により梅の木が新しい枝を伸ばさなければ、と花芽も葉芽に変わってしまいます。このように剪定時期を間違えると、翌年梅の花を楽しむことができない…という事態に陥ってしまうわけです。

ですので梅の木の剪定は、花芽が確定した9月から、つぼみが膨らみはじめるまでの間に行うのが良いですね。秋口だとまだ葉がしっかりと茂っているので、分かりにくいこともあります。自信のない方は、ある程度葉が落ちてから剪定するのがおすすめです。

2019年6月7日
執筆者:造園技能士 竜門 健太郎

笑顔で剪定する庭師の竜門さん

自分では難しい、やっぱりプロに依頼したいという方へ♪


庭.proではプロの庭師による剪定・伐採・消毒サービスを行っています。

  • 仕上がりが断然違う
  • 圧倒的な作業スピード
  • 伝統と革新

和のお庭から洋風のお庭までお任せ下さい!
庭師による剪定・伐採・消毒サービスはこちら

タイトルとURLをコピーしました