【ハナミズキ】剪定の基本を庭師が伝授

ハナミズキ
ハナミズキ
街路樹としてよく見かけるハナミズキですが、実は庭木としても人気です。ハナミズキは花のように色づく葉や、紅葉して赤い実を付けたり等、四季折々で楽しめます。
今回はそんなハナミズキの剪定の仕方や時期などをご紹介します。

東京都内埼玉県内岡山県内広島県内香川県内で剪定・伐採などのお庭のメンテナンスサービスを提供しています
メールでのお問合せはコチラ
お電話での問合せ0120-335-332営業時間10:00~19:00(水曜日定休)]

目次

ハナミズキの基礎知識
ハナミズキの特長
ハナミズキの育て方
ハナミズキの剪定方法
ハナミズキの剪定に適した時期

■ハナミズキの基礎知識

学名:Cornus florida
科名:ミズキ科
属名:ミズキ属
原産地:北アメリカ
和名:花水木
英名:flowering dogwood
樹高:高木
常落区分:落葉性
日照:日なた
開花期:4月~5月
花色:白、赤、ピンク
植えつけ時期:11月~3月
耐暑:弱い
耐寒:弱い
剪定時期:12月~2月
記念樹:「卒業記念」「退職記念」に向いています。花、新緑の葉、実、紅葉などの全てが美しく、女子の成長を願う記念樹に用いられています。詳しくはこちらから
花言葉:「華やかな恋」「私の思いを受けてください」

ハナミズキはお花の観賞期間も長く、紅葉や果実なども楽しめるとともに、自然に樹形が整うことから、一般家庭のシンボルツリーや街路樹や公園樹として、幅広く用いられています。

■ハナミズキの特長

ハナミズキの幹は細くまっすぐ伸び、4m~10mと大きく育つ落葉高木です。
またハナミズキは、別名アメリカヤマボウシと呼ばれるほど日本産のヤマボウシによく似た樹木です。

春になると総苞片(そうほうへん)と呼ばれる色づいた葉が大きくなり、この葉を多く付けた中央に小さく咲いているものがハナミズキの花になります。前述の通りハナミズキはヤマボウシによく似た樹木ですが、比較してみるとハナミズキは総苞片の先がくぼんでいて、ヤマボウシはとがった形をしているのが特長です。このポイントが見分けるコツでもあります。

秋になると葉は紅葉し、つやつやとした真っ赤な実で核果と呼ばれる性質の実をつけるところも特長です。
残念ながら人間が食べることができませんので、そのおいしそうな見た目には注意が必要です。
※核果とは、核の中に種子があるものをさします。(例:桃、さくらんぼ等)

■ハナミズキの育て方

ハナミズキは自然樹形で、枝が横に広がるように生長します。広いお庭であれば問題ないですが、そうでない場合は育てる場所に合わせた剪定が必要になります。
育てる場所ですが、ハナミズキは日当たりの良いところを好みます。日陰でも育ちますが、紅葉したり実を付けたい場合は日当たりの良い場所で育てるのが好ましいです。ただ、西日には強くないため、西日の当たらない半日陰の場所で育てるのが良いです。
なお、風通しが悪いとうどんこ病という病気にかかりやすい傾向にあります。しっかりと剪定を行い、予防をしておきましょう。

■ハナミズキの剪定方法

ハナミズキは自然樹形のため、基本的には枯れた枝や不要枝等を切り落とす程度で良いです。

①主幹を剪定する
理想樹形を想定し、希望の高さよりも少し低めに剪定しましょう。
高さが決まったら、希望の高さに近い箇所で枝分かれしている部分の枝元で主幹を切り落とします。

②太い枝を剪定する
木の全体を確認しながら理想樹形を想定して、主幹から伸びる不要な枝を枝元から切り落とします。
枝を切り落とす際は、枝と垂直の角度で切り落とすのがベストです。切り口の面積が狭いほど木へのダメージも最小限に済みますよ。

③細かい枝を剪定する
枝が込み合っている箇所や、長く伸びすぎてしまった枝を見ながら、枝分かれしている枝元から剪定していきます。
枝の途中から切り落としてしまうと新芽が出てこなくなってしまうため、枝元から切り落としましょう。
コツとしては、枝の先が丸く膨らんでいる花芽を避けながら剪定を行うと良いです。花芽が付いていない枝は切り落としてもOKです。

■ハナミズキの剪定に適した時期

ハナミズキの剪定は冬の寒い時期、11月~3月に行うのが良いです。
冬は休眠期で葉が落ち、生長が落ち着いているため、剪定により枯れてしまうといったリスクが少なくて済みます。
花芽の箇所が分かりやすく膨らんでいるため、花芽を切り落として次の開花時期に花が咲かないといった失敗も避けることができますよ。

また、基本的には夏場の剪定は、木へのダメージが大きいため好ましくありません。
混み合った枝や伸びすぎている枝、風通しを良くするため等必要最低限の剪定のみにしておきましょう。剪定をしすぎてしまうと枯れてしまう可能性もあるので注意が必要です。
初心者の方は、無理をせず冬場に剪定を行いましょう!

2022年2月15日
執筆者:造園技能士 竜門 健太郎

笑顔で剪定する庭師の竜門さん

自分では難しい、やっぱりプロに依頼したいという方へ♪


庭.proではプロの庭師による庭づくり・庭リフォームサービスを行っています。

  • 仕上がりが断然違う
  • 圧倒的な作業スピード
  • 伝統と革新

和のお庭から洋風のお庭までお任せ下さい!

庭.proの庭づくりサービスはこちら

お問い合わせはこちら
サービスエリア:
東京・埼玉・岡山・広島・香川
図解入り剪定マニュアルをKGコンシェルジュのサイトでダウンロード 図解入り剪定マニュアルをKGコンシェルジュのサイトでダウンロード

※関連サイト「KGコンシェルジュ」にリンクします。

ハナミズキ
「ハナミズキ」の記事一覧です。
剪定の基本のやり方を庭師が伝授します♪
剪定をやってみる?庭木の剪定の基本を庭師が伝授! 庭木の剪定には基本のやり方と剪定に適した時期があります。我々プロの庭師でも来年以降の樹形を考えながら行いますが、素人の方ならなおさらではないでしょうか。木の種類により剪定方法や...
剪定の切り方・切る場所・切り口の正しい方法を庭師が伝授します♪
剪定の切り方、切る場所、切り口は、正しい方法があります。正しい剪定の方法とは、剪定による樹体の損傷が極力少なくなるようにすることと、その後に腐朽など、将来に悪影響を及ぼさず、むしろ、剪定によって樹勢が蘇ったり、木が若返ったりできる手...
庭木の剪定時期一覧表(全77種の樹木別剪定時期年間カレンダー)
庭木の剪定は庭木や生垣などを美しく保つためには大変重要な作業ですが、剪定を行う時期はお正月を迎える前にキレイにしておこうと考えられる方が多いのも事実です。しかしながら実は剪定にはその木ごとに最適な時期とやり方があります。今回は庭木や...
庭木の移植方法
樹齢55年のさくらの木の移植作業/岡山市北区 庭木の移植を考えるタイミングの多くは、お家の建て替えやリフォームの時です。樹木の移植は種類や大きさよりますが植えつけて5年以上経っていると根がしっかり張っているので何も考えずに移植してしま...
庭師の選び方|見極める重要なポイント
庭師の選び方|見極める重要なポイント 庭木の剪定や造園、お庭づくり、お庭のリフォームなどを行いたいときに、どの庭師や造園会社に依頼すれば良いのか分からないことが多いというお声をたくさん頂戴します。庭師にも、造園会社にも、それぞれ得意分...
剪定の費用、相場はいくら?プロに頼むといくらぐらい?
思い入れのある庭木も、お手入れをしないと美しい状態のまま維持するのは難しいこと。剪定などのお手入れを怠るとすぐにボーボーになったり、お隣へご迷惑をかけてしまったりということもあります。これまでは自分でお手入れや剪定を行っていても、大...
植木と剪定の専門用語集
お庭や植木の専門用語は普段使わない言葉や日常的に使ってる意味とは異なるものもあり、分かりにくいですよね。庭師の方に剪定などを頼んでも、植木用語が分かっていないとチンプンカンプン!DIYでお庭の手入れやメンテナンスを行うにも、基礎レベ...
東京都の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 東京」へ! 庭.pro(ニワドットプロ)東京エリアでは、都内23区や多摩エリアの武蔵野市や立川市などを拠点とした、庭づくりのプロ=庭...
埼玉県の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 埼玉」へ! 庭.pro(ニワドットプロ)埼玉エリアでは、さいたま市や川越市などを拠点とした、庭づくりのプロ=庭のスペシャリスト集団が...
広島県の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 広島」へ! 庭.pro(ニワドットプロ)広島エリアでは、広島市や東広島市、廿日市市などを拠点とした、庭づくりのプロ=庭のスペシャリス...
岡山の剪定・伐採サービス
岡山市・倉敷市・総社市・玉野市・瀬戸内市...
香川県の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 香川」へ! 庭.pro(ニワドットプロ)香川エリアでは、高松市や坂出市、丸亀市、さぬき市などを拠点とした、庭づくりのプロ=庭...
タイトルとURLをコピーしました