【アセビ(馬酔木)】剪定の基本を庭師が伝授

アセビ(馬酔木)の剪定!剪定のプロが方法を伝授します

【アセビ】剪定の基本を庭師が伝授

アセビ(馬酔木)は常緑性の低木で、日本の山地にも自生している所があります。半日陰でもよく花が咲く丈夫な樹種で、庭木や生垣などにも多く利用されています。アセビ(馬酔木)はお花が終わったら、すぐに翌年の花芽の準備に入るので剪定の時期の見極めが必要です。このページでは、アセビ(馬酔木)の剪定の時期ややり方など、基本のやり方をプロの庭師がご紹介します。

岡山県内広島県内で剪定・伐採などのお庭のメンテナンスサービスを提供しています
メールでのお問合せはコチラ
お電話での問合せ0120-335-332営業時間10:00~19:00(水曜日定休)]

目次

アセビ(馬酔木)の基礎知識
アセビ(馬酔木)の特長
アセビ(馬酔木)の育て方
アセビ(馬酔木)の剪定時期
アセビ(馬酔木)を剪定をするメリット
アセビ(馬酔木)の剪定方法
アセビ(馬酔木)剪定のコツ
アセビ(馬酔木)の増やし方
まとめ

アセビ(馬酔木)の基礎知識

学名:Pieris japonica
科名:ツツジ科
属名:アセビ属
原産地:日本、中国東部、台湾
和名:馬酔木(アセボ)
英名:Lacecap hydrangea
開花期:2月下旬~4月中旬
花色:赤、ピンク、白
植えつけ時期:3月、4月
剪定時期:4月、5月

アセビ(馬酔木)の特長

アセビ(馬酔木)は常緑性の低木で、日本の山地にも自生しており、白く小さな花、紅色の新芽、濃い緑色の葉が美しく、庭木や生垣などに多く利用されています。品種も「二ホンアセビ」や「リュウキュウアセビ」、「ヒマラヤアセビ」など、園芸品種も数多くあります。葉や茎には有毒物質があり、馬が食べると毒にあたって酔ったようにふらふらとした足取りになることより、漢名でアセビ(馬酔木)と書かれるようになったとされています。
アセビ(馬酔木)は、寒さや大気汚染、海風や乾燥などにも強いため、悪条件の環境下でも育てることができるのが特徴です。成長は遅く、樹形も乱れにくく、管理の手間が少なくてすむため、初心者の方にも人気があります。

アセビ(馬酔木)の育て方

アセビ(馬酔木)は日陰にも耐える耐陰性の花木で、日陰でも比較的育成はしますが、花数が少ない傾向となりますので、午前中は日が当たる半日陰か日なたが向いています。また、冬場は冷たい風が直接当たらない場所を選びましょう。

アセビ(馬酔木)は乾燥が苦手な植物です。特に春から秋の生長期は、水切れを起こすと生長が止まってしまいますので、たっぷりと水をあげましょう。鉢底から流れ出るくらいに、地植えの場合は乾燥する夏の高温期に水切れを起こさないように土の乾き具合を見ながら、朝か午前中の早い時間にあげましょう。

肥料は、花が終わり、新芽が伸びだす3月下旬から4月上旬頃に、緩効性の化成肥料を施しましょう。花芽の分化が終わる9月下旬から10月頃には春と同じ肥料の半分程度を目安に施しましょう。

【アセビ】剪定の基本を庭師が伝授

アセビ(馬酔木)の剪定時期

アセビ(馬酔木)はその年に新しく延びた枝の先端に、7月~8月頃に花芽を付けます。花芽が付くとすぐに花穂の伸びはじめ、秋ごろには翌年に咲く花の蕾を付けて越冬しますから、この時期に剪定を行ってしまうと、翌年咲く予定のお花まで摘んでしまうことになるので注意が必要です。

アセビ(馬酔木)の種類は基本的に生長スピードが遅く、自然樹形で整う場合が多いですが、樹形を乱す枝や重なり合って風通しが悪い場合は、4月~5月頃に花がら摘みを兼ねて剪定を行いましょう。

アセビ(馬酔木)を剪定をするメリット

アセビ(馬酔木)の剪定は、樹木が元気に健康的に育つための作業です。込み合っている枝を取り、風通しや日当たり良くし、病気や外注の予防になったり、夏の暑さに耐えうる樹量にして夏枯れを避けるなどのメリットがあります。

アセビ(馬酔木)の剪定方法

アセビ(馬酔木)は、あまり手を入れなくても自然と丸い樹形を作ってくれますが、枝が飛び出て樹形を乱したり、枝同士が重なって混み合ったりするような場合は、「切り戻し」剪定を行います。「切り戻し」剪定とは、伸びた枝や茎を切り詰め、美しい樹形の姿に戻すための剪定方法です。

「切り戻し」剪定では、樹冠から飛び出した枝を切り落としましょう。また、重なり合った枝などは、付け根から切り、枝の間引きを行い、日当たりと風通しを良くしましょう。

アセビ(馬酔木)を生垣造りなどにしている場合は、「刈り込み」剪定を行います。「刈り込み」剪定では、樹形から飛び出してりる枝を付け根から切り取ります。また刈り込みたい高さや幅の目安を付け、天面、側面の順番に刈り込んでいきます。形が整うよう、随時、少し離れて確認を行いながら刈り込みを行いましょう。

切り戻す場合も刈り込みを行う場合も、太い枝などの切り口には、トップジンなどの切り口の癒合剤(保護剤)を塗っておきましょう。

これらの剪定作業は、開花後のなるべく早い時期、4~5月頃に花がら摘みを兼ねて行うのが理想的です。

アセビ(馬酔木)剪定のコツ

アセビ(馬酔木)の剪定のコツは、よく切れる、清潔な剪定鋏を使うことです。よく切れるほど植物には優しいので、鋏のお手入れ(砥ぎ、掃除)は、剪定するごとに行って欲しいものです。また、病気をうつさないという観点からも鋏の消毒も行っておきましょう。消毒は煮沸消毒かアルコール除菌で行いましょう。火であぶっても消毒にはなりますが、火であぶることは刃には良くないので、おすすめをしておりません。

アセビ(馬酔木)の増やし方

アセビ(馬酔木)は、6月から7月頃に、その年に伸びて少し堅くなった枝を挿し木にして増やしましょう。この時期以外での挿し木は成功確率がぐんと下がってしまいます。

まとめ

アセビ(馬酔木)は育て方も簡単で日陰でも育つ植物です。日当たりがあまり良くないお庭でも、アセビ(馬酔木)なら綺麗なお花が楽しめますので、庭木や生垣を検討中の方は、アセビ(馬酔木)も候補の1つに加えてみてください。
剪定やお世話などの作業が難しい場合は、庭のプロ集団『庭.pro』までご相談ください。
綺麗な庭で皆様の暮らしが豊かになれば幸いです。

2021年6月14日
執筆者:造園技能士 竜門 健太郎

笑顔で剪定する庭師の竜門さん

自分では難しい、やっぱりプロに依頼したいという方へ♪


庭.proではプロの庭師による剪定・伐採・消毒サービスを行っています。

  • 仕上がりが断然違う
  • 圧倒的な作業スピード
  • 伝統と革新

和のお庭から洋風のお庭までお任せ下さい!
庭師による剪定・伐採・消毒サービスはこちら

タイトルとURLをコピーしました