【カレックス】育て方の基本を庭師が伝授

カレックスの育て方をプロの庭師が伝授します

カレックス|庭.pro

「カレックス」は、全世界に2,000種以上の品種があり、日本にも200種程度が自生しています。カレックスは日本原産種も多く、野山や公園などで良く目にしているかも知れません。カレックスは、手が切れるほどに鋭い葉を持つことより、ギリシア語のケイロ(keiro:切る)に由来した名前となっています。カレックスは、洋風、和風問わず、どのようなお庭にもマッチする植物で、最近では特にドライガーデンやロックガーデンの下草として用いられることが多くなってきています。このページでは、カレックスの育て方やお手入れ方法、剪定などについてご紹介します。

東京都内埼玉県内岡山県内広島県内香川県内で剪定・伐採などのお庭のメンテナンスサービスを提供しています
メールでのお問合せはコチラ
お電話での問合せ0120-335-332営業時間10:00~19:00(水曜日定休)]

目次

カレックスの基礎知識
カレックスの特長
カレックスの育て方
カレックスの剪定方法

カレックスの基礎知識

学名:Carex
科名:カヤツリグサ科
属名:スゲ属
原産地: 世界各地(日本原産種もあり)
和名:スゲ
英名:Carex
樹高:低木 20cm~120cm
常落区分:常緑性
日照:日なた
耐暑:強い
耐寒:普通~強い
耐陰:強い
開花期:4月~6月
花色:茶
剪定時期:3月
花言葉:「隠れ忍ぶ」、「自重」

カレックス|庭.pro

カレックスの特長

カレックスは、細く長い葉が特徴のグラス類ですが、とてもたくさんの種類があり、種類によっては葉の幅が広いものから細いものまであるとともに、葉色は緑色、ライム色、ブロンズ色などがあり、斑の入る種もあります。日本では野山で見かけるカンスゲやゲスゲ、オオカサスゲなどが知られていますが、園芸品種の、シマカンスゲ、カレックス・オシメンシス ”エバーゴールド”などが入手しやすい品種です。ニュージーランド原産のカレックス・コマンスや、カレックス・ブキャナニーは、細い糸のような葉や赤褐色の葉などの特長があり、個性的なお庭づくりには最適な下草です。

このように、カレックスには大変多くの種があり、自生しているものから、栽培されている園芸品種などもあり、多様な葉色と形で、観賞価値も高いものも特長です。そして、カレックスは丈夫な性質で、病害虫の発生もほとんど無く、大変育てやすい植物で、放任でもよく茂り、常緑で冬を越してくれるので、一年を通して目を楽しませてくれます。

そんなカレックスは、その特長ある姿から、ドライガーデンやロックガーデンの下草や、グラウンドカバーなどにも用いられている多様性のある植物です。

カレックス|庭.pro

 

カレックスの育て方

植える場所

カレックスは、日当たりのいい場所から半日陰まで、場所は選びませんが、水はけのよい土壌を好むため、粘土質の場合は土壌改良を行った方が良いでしょう。

土づくり

カレックスは、水はけがの良く、通気性の良い土壌を好みます。なお、品種により、湿った場所から乾燥を好むものまで多種多様ですから、品種を確認して対応しましょう。

水やり

カレックスの水やりは、地植えの場合は、植えつけ後活着すれば、ほとんど不要ですが、夏の猛暑期間は地表が乾いていたらたっぷりと与えましょう。尚、乾燥を好みますが、乾かしすぎると、葉先から傷んでくるので、様子をみながら水やりを行いましょう。

肥料

カレックスの肥料は、特に必要ありませんが、早く大きくしたい場合は、春から秋に液体肥料を施すか、春に置き肥を施しましょう。

植え付け・植え替え

カレックスの植え付け、植え替えの適期は、3月~6月、9月~10月です。真冬と真夏は避けておきましょう。植え付け後はたっぷりと水を与えておきましょう。

夏越し

カレックスは、耐暑性が強いので、夏対策は特に必要はありませんが、斑入りの品種は夏場の直射日光に当たってしますと葉焼けする場合があるので、半日陰になる場所に植えるか、日差しを遮るような対策を施しましょう。

冬越し

カレックスは品種により耐寒性は異なりますが、日本国内に流通している品種の多くは寒さに強いものが多く、特に多く流通している、シマカンスゲやエバーゴールドは耐寒性は非常に強い品種です。国内に流通しているほかの品種でも、-10℃程度までであれば冬越しは可能ですが、土まで凍るような寒冷地や、積雪のある地方などでは、凍結対策を施してた方が良いでしょう。

病虫害・病気対策

カレックスは、比較的病気や害虫に強い植物なので、病害虫の被害はほとんどありません。

増やし方

カレックスの株分けの適期は、3月~4月です。株は大株に育つので、株間は30~50cmはあけておきましょう。

先祖返り

カレックスは、先祖返りで緑葉が出る場合があります。特に、斑入り品種は先祖返りの傾向が強いので注意しておきましょう。緑葉が出た場合は、早めに株分けを行って、緑葉の部分を処分してしましましょう。そのままにしておくと、先祖返りした緑葉の方が強いため、緑葉ばかりになってしまうので、早めに対処しておきましょう。

カレックス|庭.pro

カレックスの剪定方法

カレックスの剪定時期は、3月です。葉が古くなって葉の先が茶色く見苦しくなってきたり、株の元気がなくなってきたら場合は、地際を3㎝~5㎝程度残して切り戻しましょう。4月頃には新芽が上がってきますので、切り戻しは、3月上旬から中旬には行いましょう。また、剪定時期以外の時でも、古い葉が枯れこんできたら、その都度切り取りましょう。草丈を低く抑えたい場合は、適宜刈り込みを行えば、葉があまり伸びず、グランドカバーのように扱うことも可能なので、試してみてくださいね。

カレックス|庭.pro

まとめ

カレックスは、日当たり良く乾燥気味の環境ならば病害虫の被害も少なく丈夫に育ちます。暑さ、寒さに強く育てやすく寄せ植えやグランドカバーにも適しています。和風のお庭なら単体で、洋風のお庭なら寄せ植えやグランドカバーに、ドライガーデンやロックガーデンなら、岩と岩の隙間にもしっかりと根を張り、馴染んでくれる植物です。

そんなカレックスは、洋風のお庭、特にドライガーデンやロックガーデンなどのお庭のコーディネイトにはぴったりな植物です。カレックスを、クールなドライガーデンやロックガーデンに植えてみませんか。カレックスを使ったオシャレなドライガーデンのお庭を作りたい」という方には、ドライ系植物同士の組み合わせや植え方のバランスまでドライ系植物を知り尽くした庭.proにぜひお声がけください。

2022年7月14日
執筆者:造園技能士 竜門 健太郎

笑顔で剪定する庭師の竜門さん

自分では難しい、やっぱりプロに依頼したいという方へ♪


庭.proではプロの庭師による庭づくり・庭リフォームサービスを行っています。

  • 仕上がりが断然違う
  • 圧倒的な作業スピード
  • 伝統と革新

和のお庭から洋風のお庭までお任せ下さい!

庭.proの庭づくりサービスはこちら

お問い合わせはこちら
サービスエリア:
東京・埼玉・岡山・広島・香川
図解入り剪定マニュアルをKGコンシェルジュのサイトでダウンロード 図解入り剪定マニュアルをKGコンシェルジュのサイトでダウンロード

※関連サイト「KGコンシェルジュ」にリンクします。

いま人気のドライガーデンって何?ドライガーデンの魅力に迫る!
素敵なガーデンを夢見つつも、忙しくて後回しになっていた皆さん。おうちにいる時間が増えた今が、庭リフォームを検討するよいチャンスです。そんな皆さんの選択肢の一つに入れていただきたいのがドライガーデンです。たまに見聞きする「ドライガーデ...
ドライガーデンデザイン例
ドライガーデンの素敵なお庭をSNSなどから厳選してお届けします。DIYで作られたり、工夫を凝らしたお庭の数々です。ドライガーデン作りのデザインのお手本にしてくださいね。 ドライガーデンデザイン例インスタ集め ...
プランタードライガーデン(岡山県岡山市北区)
プランターを使ったインテリア風ドライガーデンをワイルドなアガベやユッカロストラータ中心に相性の良いオージー系のウエストリンギヤ等を下草に使ってデザインしました。このプランターだとコンクリートの上でも小さな庭が作れるのでマンションのベランダやウッドデッキの上などでも可能です。お庭を諦めていた方も一度ご相談ください!
【アガベ】育て方の基本を庭師が伝授
アガベの育て方をプロの庭師が伝授します 「アガベ(agave)」は、南アメリカ北部から北アメリカ南部、中央アメリカ地域が原産のドライガーデンに最適な希少な多肉植物です。アガベは、300種類以上もの品種があり、先の尖った葉がロゼット...
【ユッカ・ロストラータ】育て方の基本を庭師が伝授
ユッカ・ロストラータの育て方をプロの庭師が伝授します 「ユッカ・ロストラータ」は、アメリカ テキサス州やメキシコ北部が原産のドライガーデンに最適な希少植物です。暑さ、寒さにも非常に強く、観葉植物として室内の観賞用としても、屋外の地...
【ウチワサボテン】育て方の基本を庭師が伝授
ウチワサボテンの育て方をプロの庭師が伝授します 「ウチワサボテン(Opuntia)」は、サボテン科に属するウチワの様な形をしたサボテンの俗称で、原産地はアメリカ、メキシコ、中米などで、別名仙人掌とも呼ばれます。ウチワサボテンはその...
【ナツメヤシ】育て方の基本を庭師が伝授
ナツメヤシの育て方をプロの庭師が伝授します 「ナツメヤシ(Date Palm)」は、北アフリカからペルシャ湾岸沿岸が原産で、紀元前5000年頃から栽培されている、ヤシ科ナツメヤシ属の常緑の高木で樹高30mにも達するものもあります。...
【パンパスグラス】育て方の基本を庭師が伝授
パンパスグラスの育て方をプロの庭師が伝授します 「パンパスグラス(pampas grass)」は、イネ科の多年草で日本では「シロガネヨシ(白銀葭・白金葭)」、「おばけススキ」とも呼ばれています。原産は南アメリカで、名前の由来はアル...
【コルジリネ(コルディリネ)】育て方の基本を庭師が伝授
コルジリネの育て方をプロの庭師が伝授します 「コルジリネ」は、オーストラリアやニュージーランドが原産の葉模様が美しい、熱帯性の樹木です。原産地域では「神聖な木」呼ばれ、古くから儀式などでも使われていたそう。コルジリネは、太く棒状に...
東京都の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 東京」へ! 庭.pro(ニワドットプロ)東京エリアでは、都内23区や多摩エリアの武蔵野市や立川市などを拠点とした、庭づくりのプロ=庭...
埼玉県の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 埼玉」へ! 庭.pro(ニワドットプロ)埼玉エリアでは、さいたま市や川越市などを拠点とした、庭づくりのプロ=庭のスペシャリスト集団が...
広島県の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 広島」へ! 庭.pro(ニワドットプロ)広島エリアでは、広島市や東広島市、廿日市市などを拠点とした、庭づくりのプロ=庭のスペシャリス...
岡山の庭づくりサービス
庭づくりのプロ集団 岡山の庭づくり・庭リフォームは「庭.pro」 岡山の対応エリア 岡山市・倉敷市・総社市・玉野市・瀬戸内市・備前市・赤磐市・和気町・早島町 岡山の庭づくり・ ...
香川県の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 香川」へ! 庭.pro(ニワドットプロ)香川エリアでは、高松市や坂出市、丸亀市、さぬき市などを拠点とした、庭づくりのプロ=庭...
タイトルとURLをコピーしました