いま人気のロックガーデンって何?ロックガーデンの魅力に迫る!

ロックガーデン|庭.pro

最近、岩石や砂利などを組み入れ、その間に植物など植えこんだ「ロックガーデン」というガーデニングスタイルがとても人気が高くなってきました。ロックガーデンは、高山植物や多年草類、乾燥地帯の植物など、乾燥を好む植物で自然に近い形でお庭をコーディネイトしていくスタイル。生命力の強い植物が主体で、お手入れやお世話が普通の樹木よりも簡単なので、ガーデニング初心者さんにぜひトライして欲しいスタイルです。このページでは、「ロックガーデン」とはから、「ロックガーデン」が似合う家、「ロックガーデン」におすすめの植物から石など、スタイリッシュな「ロックガーデン」の魅力に迫ります。

東京都内埼玉県内岡山県内広島県内香川県内で剪定・伐採などのお庭のメンテナンスサービスを提供しています
メールでのお問合せはコチラ
お電話での問合せ0120-335-332営業時間10:00~19:00(水曜日定休)]

目次

ロックガーデンって何?
ロックガーデンの似合う家は?
ロックガーデンの作り方
ロックガーデンの土づくり
ロックガーデンのお手入れのポイント
お手入れのポイント① 気候
お手入れのポイント② 水やり
お手入れのポイント③ 肥料

ロックガーデンに向いている植物10選
①白牡丹(多肉植物/グラプトベリア属)
②チワワエイシス(多肉植物/エケベリア属)
③セダム(多肉植物/マンネングサ属)
④ 金鯱(サボテン/エキノカクタス属)
⑤ローズマリー(ハーブ/マンネンロウ属)
⑥ベニシダ(シダ類/オシダ属)
⑦ヒメルリトラノオ(山野草/クワガタソウ属)
⑧ココスヤシ/ヤタイヤシ/ブラジルヤシ(ヤシ/ブティア属)
⑨グレビレア(オージープランツ/グレビレア属)
⑩ブラシノキ(オージープランツ/ブラシノキ属)

ロックガーデンデザインと種類
和風ロックガーデン
和モダンロックガーデン
洋風ロックガーデン
リゾートロックガーデン
ドライロックガーデン

ロックガーデンにおすすめの石は?
ロックガーデンにおすすめの石① ホワイト系の石
ロックガーデンにおすすめの石② 茶系の石
ロックガーデンにおすすめの石③ 黄色系の石
ロックガーデンにおすすめの石④ ピンク系の石
ロックガーデンにおすすめの石⑤ 黒系の石
ロックガーデンにおすすめの石⑥ マーブル系の石

■まとめ
■やっぱりプロに依頼したい方

ロックガーデンって何?

「ロックガーデン」とは、日本では岩石を主体としたガーデニングスタイルをイメージした総称とされていますが、そのスタイルは洋風から和風、そして「ドライガーデン」に岩石を多めに施したものまでも「ロックガーデン」と呼ばれ、その範囲は、個人宅のお庭から大規模な公園などまで多種多様です。また、日本においてはロッククライミングの練習場となるボルダリングジムにも「ロックガーデン」と名付けられている場合もありますが、一般的には、岩石を使った庭園のことを指している場合が大半です。

しかしながら、ドライガーデンとロックガーデンの定義は曖昧で、乾燥を好む植物を主体としているガーデニングスタイルをドライガーデン、岩石を主体としたガーデニングスタイルをロックガーデンとしている場合が多いものの、そのスタイルに大きな違いは少なくなっていますが、日本庭園などでの和風のスタイルを主体とした岩石を使ったガーデニングスタイルは、一般的に呼ばれているロックガーデンには含まれない場合が多くなっています。

また、岩石を主体としたガーデニングスタイルで、ロックガーデンと呼ばれているものでも、アメリカ西部のアリゾナの乾燥地帯を模倣した場合は、アリゾナガーデンと呼ばれていたり、砂漠地帯をイメージされたものは、デザートガーデン、サボテンを主体としたものは、カクタスガーデン、多肉植物を主体としたものは、サキュレントガーデン、ヤシをメインとして植栽した場合は、トロピカルガーデン、南国のリゾート地をイメージした場合は、リゾートガーデンと呼ばれ、その特色付けによって呼称が付けられることが多くなっています。

ロックガーデンの似合う家は?

ロックガーデンは、岩石と乾燥地帯を好む植物を主体に植栽したものなので、イメージとしてはアメリカアリゾナ州地区の乾燥地帯のイメージが強いですが、基本的にはアメリカンハウスなどの洋風のお家によく似あうスタイルです。しかしながら、ロックガーデンは、用いる岩石と植栽、そして庭に施す砂利のカラーなども豊富なため、お家のイメージカラーなどとのコーディネイトも可能となってきていますので、和風の住宅や店舗の花壇などにも多く用いられるようになってきています。

ロックガーデンの作り方

ロックガーデンは、岩と岩を重ねたりした隙間を鉢の役目を持たせ、そこに乾燥を好む植物を植え、土の表面には砂利を施すのがオーソドックスなロックガーデンの作り方です。では、ロックガーデンはどこに気を付けて作ったらよいのでしょうか。ロックガーデンの土づくりと、気候・水やり・肥料などお手入れのポイントをまとめてみましたのでご覧ください。

ロックガーデンの土づくり

ロックガーデンの土づくりは、基本的にドライガーデンの土づくりとほぼ同様と考えていただいて差支えありませんが、ロックガーデンとドライガーデンの異なる一番のポイントは、ロックガーデンはベースが石だということです。従い、石の並べ方や土の配合などを間違ってしまったら、水はけが悪くなったり、湿気が多くなってしまったりするので、注意が必要です。
ロックガーデンやドライガーデンに用いる植物は、基本的に乾燥地帯の多肉植物系が多く、一番大切なことは「水はけと通気性のよい土」にするということです。従い、バーク堆肥とパーライトをブレンドし、水はけ具合を確認してみましょう。水はけが悪いようであれば、軽石などを混ぜて調整を行いましょう。また、ロックガーデンの場合は土づくりの段階から石やレンガなどで高低差を作りましょう。乾燥を好む植物は高いポイントに、乾燥を好む植物以外は、中段や下段に植え付けましょう。

ロックガーデンのお手入れのポイント

ロックガーデンに用いる植物は、基本的に乾燥を好む植物を主体として作庭するため、水やりの手間が少なく、お手入れが簡単と思われる方が多いのも事実ですが、デリケートな品種や品種による特性の違いを知って、適度な水やりや温度管理、日照対策を行いましょう。

お手入れのポイント① 気候

ロックガーデンに用いる植物の多くは日当たりの良い場所を好むものが多いのも事実ですが、品種によっては真夏に「日焼け」や「水枯れ」が起こりやすい品種もあるので、特徴を事前に良く調べておきましょう。
また、小さなお庭やベランダなどでも、1日の日当たりや風当たりなどにより、気温・湿度などは驚くほど違うもので、大きなお庭などでは端と端でも温度が異なる場合もあります。そんな場合は、冬の霜の降りる間は寒冷紗をかけて霜から守ったり、春前にはたい肥を増やして加温したりという工夫も必要になるかも知れません。
そんなロックガーデンに用いる植物は、その多くが耐暑性は高く日本の夏は問題なく過ごせますが、耐寒性はやや弱く、大半が0℃以上が好ましいものが多く出回っていますから、特性を見極めることと、お庭の耐寒性ゾーンを調べて知っておきましょう。

耐寒性ゾーンマップ 植物の耐寒温度を調べよう
植物の耐寒性を調べておきましょう。 植物をお庭に植える場合、その植物が自生している環境と植える環境が異なる場合には、その植物の耐寒性を調べておく必要があります。特に、南国育ちのサボテンやユッカ、アガベなどの多肉植物は、同種の植物で...

お手入れのポイント② 水やり

ロックガーデンのお庭で地植えの場合の水やりは、夏場以外は、自然の降雨量で良く、これ以上に与える必要はありません。しかしながら、1週間の間全く雨が降らない場合や日照りが続くとき、そして真夏の日照時間の長いときなどは、適度な水やりが必要となります。
多肉植物系の生長期の水やりは、4大栄養素と水を適度に与えると、とても生長が早いので、早く大きく生長させたいときなどは、少し多めに与えてみましょう。

お手入れのポイント③ 肥料

ロックガーデンに用いる植物は、基本的に痩せた土地に自生しているものが多く、肥料もさほど必要とする植物はありませんが、春から秋の成長期には、適度な化成肥料を与えるとよいでしょう。

ロックガーデンに向いている植物10選

①白牡丹(多肉植物/グラプトベリア属)

お花が咲いているような姿の白牡丹は、朧月(グラプトペタルム)と静夜(エケベリア)の交配種多肉植物で、多肉植物の中でも、暑さ、寒さに比較的強く、丈夫で育てやすいので、ビギナーの方にもおすすめの植物です。
また白牡丹は、カット芽挿しでも、葉挿しでも高い発根率なので、増やしやすい品種です。

②チワワエイシス(多肉植物/エケベリア属)

チワワエンシスは、緑色の丸い葉に、葉の先がうっすらとピンク色に染まる多肉植物の人気品種です。日本名で「桃太郎」という品種は、チワワエンシスとリンゼアナの交配種で、見た目もよく似ていて、こちらも人気が高い品種です。チワワエンシスは原種のため、耐寒性も耐暑性もあまり高くなく、特に高温多湿には弱いので真夏の高温期には、注意が必要です。

③セダム(多肉植物/マンネングサ属)

「セダム(sedum)」は、岩石や壁などに着生して育つため、ラテン語の”sedre(「座る」)”から名前が由来した多肉植物です。日本名では「万年草」「ベンケイソウ」とも呼ばれ、とても乾燥に強く、岩場や山地などの岩上の少しの土などでも根を張って生長していきます。セダムは日本には30種類以上存在していて、種類により耐寒性に違いがあるので、注意が必要です。

④金鯱(サボテン/エキノカクタス属)

金鯱(キンシャチ)サボテンはサボテンの王様と呼ばれている、メキシコが原産の玉サボテンです。生長すると最大1m程度まで大きくなり、光を浴びて金色に輝く姿は正にサボテンの王様です。屋外の日当たりと風通しが良い、雨に濡れない場所が好まれます。金鯱はお花が咲くのに20年以上かかるので愛情を持って気長に育ててみましょう。

【ゴールデンバレルカクタス(金鯱サボテン)】育て方の基本を庭師が伝授
ドライガーデンに似合うサボテン ゴールデンバレルカクタス(金鯱)の育て方をプロの庭師が伝授します ドライガーデンに似合うサボテン ゴールデンバレルカクタス(金鯱サボテン) 圧倒的な存在感を放つサボテンの王様「ゴールデンバレルカクタス...

⑤ローズマリー(ハーブ/マンネンロウ属)

ローズマリーは、耐暑性、耐寒性ともに優れたとても強い植物です。乾燥した痩せた土地でも育ち、強風にも耐え、非常に育てやすいので、ガーデニングビギナーにもおすすめです。そして、ローズマリーは、お料理、美容、芳香剤、薬用、クラフト用など、とても幅広く活用されていますし、中でも、お庭の園芸用では、生け垣、グラウンドカバー、トピアリーなど品種の特性に応じてとても重宝されている植物です。

⑥ベニシダ(シダ類/オシダ属)

ベニシダは本州以南に自生している日本で良く見かけられるシダです。半日陰で適度に湿り気のある肥沃な土壌を好むので、暖地の高温多湿になるような場所でのロックガーデンの地表に植えれば、露地でも越冬が可能です。春の芽吹き時には赤くなり、時にはオレンジ色や黄色を帯び、気温が高くなるとライムグリーンに変化し、とても観賞価値が高く、冬のガーデンには貴重なグリーンの色を見せてくれます。

⑦ヒメルリトラノオ(山野草/クワガタソウ属)

ヒメルリトラノオは、ヨーロッパ原産の這性・耐寒性多年草で、草丈は10~30cm程で、夏に青紫色の花穂が沢山並びとてもキレイな山野草です。やや乾き気味の高山の草原などに自生する種で、とても育てやすく、グランドカバーなどにもおすすめの植物です。ヒメルリトラノオは、有毒物質があり食べられませんから、ペットにも注意が必要です。

⑧ココスヤシ/ヤタイヤシ/ブラジルヤシ(ヤシ/ブティア属)

ココスヤシは、ヤシ科ブティア属のヤシの木の一種で、ヤシの木の中では比較的小ぶりな種類です。ココスヤシには耐寒性があり-7℃程度までは越冬可能です。ココスヤシは、その見た目が非常に良く似ていることから、ヤタイヤシ、ブラジルヤシと呼ばれています。ヤタイヤシ、ブラジルヤシとは種類が異なりますが、日本ではそれぞれの純粋種が少なく、交雑種が多いために、どちらのヤシもココスヤシとして流通、販売されています。

⑨グレビレア(オージープランツ/グレビレア属)

オージープランツのグレビレアは、オーストラリア南西部などの乾燥した地域に分布しているヤマモガシ科の常緑低木です。ブラシを連想させるように、赤、オレンジ、黄色などの花を春に咲かせてくれます。種類により、寒さに強い品種や寒さに弱い品種があります。日当たりの良い、水はけと風通しの良い場所を好みます。

⑩ブラシノキ(オージープランツ/ブラシノキ属)

オージープランツのブラシノキが属するマキバブラシノキ(カリステモン)属は、オーストラリアからニューカレドニアなどに約30種が自生する常緑性の花木です。ブラシノキは、その見た目が特徴的で、ビンを洗うためのブラシそっくりの姿から、英名ではボトルブラッシュと呼ばれています。ブラシノキは、風の当たらない日向を好み、花付きを良くするために、有機肥料を施してみましょう。また、生長とともに上部が重くなり倒れやすくなるので、支柱を取り付けておきましょう。

ドライガーデンにぴったりな高木15選
「ドライガーデン」とはその名の通り、サボテンや多肉植物の様に乾燥に強い植物で統一したガーデニングスタイルのことで、砂利や石をあしらって植栽した今人気のガーデンスタイルです。この記事では、ドライガーデンにぴったりな「高木」を15種類選んでご紹介しています。
ドライガーデンにぴったりな多肉植物15選
乾燥を好む植物を用いて砂地や砂利などのロックガーデン風に植え付ける「ドライガーデン」。こちらの記事では、ドライガーデンにぴったりな「多肉植物」を15種類選んでご紹介。また多肉植物の植栽で一番大切な「耐寒性」などの注意点をくわしく解説します。
耐寒性ゾーンマップ 植物の耐寒温度を調べよう
植物の耐寒性を調べておきましょう。 植物をお庭に植える場合、その植物が自生している環境と植える環境が異なる場合には、その植物の耐寒性を調べておく必要があります。特に、南国育ちのサボテンやユッカ、アガベなどの多肉植物は、同種の植物で...

ロックガーデンデザインと種類

和風ロックガーデン

和風の住宅には、和風のロックガーデンを作庭してみましょう。自然石を自然な感じで並べたり、アクセントで灯篭や水鉢を用意してみたり、砂利を大きな石の間を埋めるように敷き詰めたりしてみましょう。石と石の間を埋めるように用土を入れて、高木、低木、下草、グランドカバーに分けて植栽をチョイスしてみましょう。

和モダンロックガーデン

和風の住宅に最近多くなっているのが、和モダンなお庭です。雑木風の植栽に大小様々な石や岩を用いて、お手入れが少なくなるような樹種に、草が生えないように施しを行い、ライトやフェンスを組み合わせて和モダンな雰囲気に作り上げます。

洋風ロックガーデン

ロックガーデンには、高山植物や乾燥系のオージープランツやアメリカのドライ系のガーデンイメージが強いですが、ロック(ストーン)と相性が良いのは水や池(アクアガーデン、ビオトープ)だとも言われています。
ビオトープは、水辺というイメージが強いですが、必ずしも水辺が必要ではなく、本来の意味は「生物の生息空間」という意味ですから、植物や生物が生育できる環境を整えることを主眼として作庭してみましょう。

リゾートロックガーデン

リゾートロックガーデンは、南国リゾートガーデンにストーンを取り入れたスタイルで、岩とドライ系植物の組み合わせに、ヤシの木をシンボルツリーとした組み合わせが南国のリゾート感を醸し出してくれます。琉球石灰岩や溶岩石などの石を組み合わせ、植栽にはブラシの木やユッカアガベなどを植え付けてみましょう。

ドライロックガーデン

ドライロックガーデンとは、岩や石、砂利や砂などを用いて、乾燥地帯原産の植物を使ったガーデンスタイルですが、本場アメリカでは、砂漠地帯のアリゾナ州が著名なため、その名をアリゾナガーデンと呼んでいたり、砂漠色が強い場合には、デザートガーデン(砂漠のお庭)とも呼ばれています。植栽は、乾燥に強いサボテンや根塊植物などを用いて、作庭後はあまりお手入れが必要のないガーデンとなります。

いま人気のドライガーデンって何?ドライガーデンの魅力に迫る!
素敵なガーデンを夢見つつも、忙しくて後回しになっていた皆さん。おうちにいる時間が増えた今が、庭リフォームを検討するよいチャンスです。そんな皆さんの選択肢の一つに入れていただきたいのがドライガーデンです。たまに見聞きする「ドライガーデ...

ロックガーデンにおすすめの石は?

ドライガーデンの別名を「アリゾナガーデン」と呼ぶと先ほど記しましたが、アリゾナ州の地名は知っていても、アリゾナってどんな場所なのか、いまいちピンと来ない方もいらっしゃるでしょう。ところが「アリゾナは、グランドキャニオンがある場所」と聞けば、誰でもすぐに、茶色い乾燥した石がゴロゴロしているイメージが湧くと思います。

ロックガーデンは、乾燥に強い多肉系やオージー系の植物と自然石の組み合わせで構成されていますので、石選びもデザインの重要なポイントです。
大きなゴツゴツした自然石を用いたら、ワイルド感のあるロックガーデンになりますし、ホワイト系のサンゴ由来のような石を用いたら、南国のリゾート地にあるガーデンのイメージになりますから、ロックガーデンの好みのスタイルをイメージして石選びを進めてみましょう。

ロックガーデンにおすすめの石①ホワイト系の石

ホワイト系石を用いたロックガーデンは、スタイリッシュに仕上げたいときに多く使われています。エレガントさと高級感を兼ね備え、地中海のサントリーニ島を思い起こさせてくれます。ホワイト系の石をベースとしたロックガーデンには、多肉植物やオリーブの古木などがとても良く似合います。

黄色系の石は、ナチュラルでありつつ、優しいイメージです。奇をてらったところがなく、素朴ながらヨーロピアンな印象もありますので、一般的な洋館によく合います。初心者でも一番使いやすいカラーかと思います。

ロックガーデンにおすすめの石② 茶系の石

茶色系の石を用いたロックガーデンは、ロックガーデンの故郷であるアメリカのアリゾナの砂漠地帯を彷彿させてくれます。古き良き時代のアメリカ西部地方をイメージして、粗削りな茶色系で少し大きめの石でコーディネイトしてみましょう。植物は乾燥を好むものを主体としたら、アリゾナガーデンの出来上がりです。

ロックガーデンにおすすめの石③ 黄色系の石

黄色、オレンジ系の石は、キラキラと輝くナチュラル系のイメージで、大地そのもののカラーですから、どのようなお家でも似合いますし、植物との相性もとても落ち着くカラーです。

ロックガーデンにおすすめの石④ ピンク系の石

ピンク系の石を用いたロックガーデンは、暖色系の優しさを醸し出してくれるので、女性向きのショップなどで、よくリクエストを頂戴します。ピンク系の石は、ホワイト系や黄色系などと組み合わせてコーディネイトするのも、とてもおすすめの方法です。

ロックガーデンにおすすめの石⑤ 黒系の石

男性好みの力強さを醸し出してくれるのが、黒系の石を用いたロックガーデンです。黒い石ベースのロックガーデンでは、アガベやサボテンなどのスタイリッシュな植物と組み合わせると、より美しさを引き立ててくれます。

ロックガーデンにおすすめの石⑥ マーブル系の石

最近多く用いられるようになってきているのが、マーブル系の石を用いたロックガーデンです。マーブル系の石は、朝日や夕日などの当たり方によっては、様々なカラーに輝き、その時々で異なる顔を見せてくれます。外構フェンスやお家などとのカラーコーディネイトを考えてみましょう。

まとめ

今トレンドのロックガーデンについてまとめてみました。ロックガーデンの植物選びや施工例、石の色彩カラーなどで、六ガーデンのイメージがつかめたと思います。とても難しそうに見えるロックガーデンですが、植物の種類に合せた土選びとお手入れ方法を理解すれば、ガーデニング初心者でも育て易く、温暖な地域にはとても相性が良いので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

「人と違うオシャレなロックガーデンにしたい!」というこだわり派の方には、ドライ系植物同士の組み合わせや植え方のバランスまで、ロックガーデンを知り尽くした庭.proにお任せください。

自分では難しい、
“やっぱりプロに依頼したい”
そんな方へ。

庭.proなら、専門の職人が「理想のお庭」を叶えます!
庭.proなら、専門の職人が「理想のお庭」を叶えます!

庭.proがお客様に選ばれる理由
“3つの理由”
  • 専門スタッフが一貫サポート。何でも相談しやすく、安心。


    言葉にしにくい不安や希望を丁寧に伺い、施工完了までしっかりとサポート!

  • ご要望に最適な職人による理想の仕上がりで、安心。


    自分で職人を探す手間がありません!

  • 無料見積もり追加料金なしで、安心。


    明朗会計をモットーとしています。

ご利用頂いた
95.4%のお客様に
満足・
大変満足の
評価を頂いております。

お客様からのご満足の声を
一部ご紹介します。
丁寧で、何度も足を運んでくださり、こちらの意向をよく汲み取って、提案してくださったので、とても安心感がありました。(F様)

考えられる様々なパターンと予測される木の状態を丁寧に説明して下さり、十分納得した上で作業に入って頂きました。結果、本当に満足のいく仕上がりとなり、お願いして良かったです。(K様)

思った以上にスムーズに相談が進み、連絡も小まめにあり、安心して希望通りできた。(S様)

思った以上の出来栄えです。ここまでしてくださるとは思いませんでした。ステキな庭になって気持ちが落ち着きます。丁寧な仕事をしてくださった職人さんにも感謝です。(F様)

無料お見積り・
お問い合わせはこちら

[総合受付] お庭と住まいのコンシェルジュ

サービスエリア:
東京・埼玉・岡山・広島・香川

庭プロについて、
もっと知りたい方はこちら
サービス紹介
(庭.proが選ばれる理由)
図解入り剪定マニュアルをKGコンシェルジュのサイトでダウンロード図解入り剪定マニュアルをKGコンシェルジュのサイトでダウンロード

※関連サイト「KGコンシェルジュ」にリンクします。

ドライガーデンにぴったりな高木15選
「ドライガーデン」とはその名の通り、サボテンや多肉植物の様に乾燥に強い植物で統一したガーデニングスタイルのことで、砂利や石をあしらって植栽した今人気のガーデンスタイルです。この記事では、ドライガーデンにぴったりな「高木」を15種類選んでご紹介しています。
ドライガーデンにぴったりな多肉植物15選
乾燥を好む植物を用いて砂地や砂利などのロックガーデン風に植え付ける「ドライガーデン」。こちらの記事では、ドライガーデンにぴったりな「多肉植物」を15種類選んでご紹介。また多肉植物の植栽で一番大切な「耐寒性」などの注意点をくわしく解説します。
ドライガーデンデザイン例
ドライガーデンの素敵なお庭をSNSなどから厳選してお届けします。DIYで作られたり、工夫を凝らしたお庭の数々です。ドライガーデン作りのデザインのお手本にしてくださいね。 ドライガーデンデザイン例インスタ集め ...
【ユッカ・ロストラータ】育て方の基本を庭師が伝授
ユッカ・ロストラータの育て方をプロの庭師が伝授します 「ユッカ・ロストラータ」は、アメリカ テキサス州やメキシコ北部が原産のドライガーデンに最適な希少植物です。暑さ、寒さにも非常に強く、観葉植物として室内の観賞用としても、屋外の地...
【アガベ】育て方の基本を庭師が伝授
アガベの育て方をプロの庭師が伝授します 「アガベ(agave)」は、南アメリカ北部から北アメリカ南部、中央アメリカ地域が原産のドライガーデンに最適な希少な多肉植物です。アガベは、300種類以上もの品種があり、先の尖った葉がロゼット...
【ウチワサボテン】育て方の基本を庭師が伝授
ウチワサボテンの育て方をプロの庭師が伝授します 「ウチワサボテン(Opuntia)」は、サボテン科に属するウチワの様な形をしたサボテンの俗称で、原産地はアメリカ、メキシコ、中米などで、別名仙人掌とも呼ばれます。ウチワサボテンはその...
【ゴールデンバレルカクタス(金鯱サボテン)】育て方の基本を庭師が伝授
ドライガーデンに似合うサボテン ゴールデンバレルカクタス(金鯱)の育て方をプロの庭師が伝授します ドライガーデンに似合うサボテン ゴールデンバレルカクタス(金鯱サボテン) 圧倒的な存在感を放つサボテンの王様「ゴールデンバレルカクタス...
【ナツメヤシ】育て方の基本を庭師が伝授
ナツメヤシの育て方をプロの庭師が伝授します 「ナツメヤシ(Date Palm)」は、北アフリカからペルシャ湾岸沿岸が原産で、紀元前5000年頃から栽培されている、ヤシ科ナツメヤシ属の常緑の高木で樹高30mにも達するものもあります。...
【パンパスグラス】育て方の基本を庭師が伝授
パンパスグラスの育て方をプロの庭師が伝授します 「パンパスグラス(pampas grass)」は、イネ科の多年草で日本では「シロガネヨシ(白銀葭・白金葭)」、「おばけススキ」とも呼ばれています。原産は南アメリカで、名前の由来はアル...
【カレックス】育て方の基本を庭師が伝授
カレックスの育て方をプロの庭師が伝授します 「カレックス」は、全世界に2,000種以上の品種があり、日本にも200種程度が自生しています。カレックスは日本原産種も多く、野山や公園などで良く目にしているかも知れません。カレックスは、...
【コルジリネ(コルディリネ)】育て方の基本を庭師が伝授
コルジリネの育て方をプロの庭師が伝授します 「コルジリネ」は、オーストラリアやニュージーランドが原産の葉模様が美しい、熱帯性の樹木です。原産地域では「神聖な木」呼ばれ、古くから儀式などでも使われていたそう。コルジリネは、太く棒状に...
【ストレリチア(極楽鳥花)】育て方の基本を庭師が伝授
ストレリチアの育て方をプロの庭師が伝授します 「ストレリチア(極楽鳥花)」は、その美しい姿が「極楽鳥(ごくらくちょう)」に似ていることより、極楽鳥花とも呼ばれる観葉植物です。 ストレリチアは、南アフリカを原産とする植物で、日本で...
【ブラシノキ】育て方の基本を庭師が伝授
ブラシノキの育て方をプロの庭師が伝授します ドライガーデンのアクセントにおすすめブラシノキ ユニークな形状のブラシノキは、スタイリッシュなドライガーデンをおしゃれに彩るおすすめの植物です。個性的なオージープランツのなかでも、病害...
【ソテツ(蘇鉄)】剪定の基本を庭師が伝授
どこか南国を思わせる蘇鉄(ソテツ)。庭.proの庭師が剪定方法をレクチャーします!盆栽や観葉植物としても根強い人気を誇っている蘇鉄(ソテツ)を楽しむ為にも適切な季節や剪定のやり方などを参考にして下さい。
【オリーブ】剪定の基本を庭師が伝授
オリーブはお洒落な見た目から、食用のほかにも観賞用やガーデニングなどで人気の樹木です。 オリーブはもともとは、アジアが起源とされていて、紀元前14~12世紀の間に、シリアからトルコを経てギリシャへ広がったとされているそうです。日本には...
プランタードライガーデン(岡山県岡山市北区)
プランターを使ったインテリア風ドライガーデンをワイルドなアガベやユッカロストラータ中心に相性の良いオージー系のウエストリンギヤ等を下草に使ってデザインしました。このプランターだとコンクリートの上でも小さな庭が作れるのでマンションのベランダやウッドデッキの上などでも可能です。お庭を諦めていた方も一度ご相談ください!
メキシカンプランツ(ユッカロストラータ)をドライガーデンとして楽しむ(岡山県倉敷市)
人気のメキシカンプランツ代表格のユッカロストラータやアガベを植えました, とにかく手がかからなく強い植物なので、いつも植物を枯らしてしまう、そんな方にもオススメできる今一押しのドライガーデンです。
児島湖からの風を感じるリゾート風ドライガーデン(玉野市/T邸)
庭.pro(ニワドットプロ)が岡山で手がけた庭づくりの施工実績から玉野市の「湖からの風を感じるリゾート風ドライガーデン」の施工事例をご紹介します。リビングから見える児島湖と空とがマッチするリゾート風の庭をイメージし、オリーブの古木など植栽にもこだわった仕上げになっています。広々としたウッドデッキは季節にあわせてバーベキューや読書など、いろんな楽しみ方ができます。
東京都の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 東京」へ! 庭.pro(ニワドットプロ)東京エリアでは、都内23区や多摩エリアの武蔵野市や立川市などを拠点とした、庭づくりのプロ=庭...
埼玉県の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 埼玉」へ! 庭.pro(ニワドットプロ)埼玉エリアでは、さいたま市や川越市などを拠点とした、庭づくりのプロ=庭のスペシャリスト集団が...
広島県の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 広島」へ! 庭.pro(ニワドットプロ)広島エリアでは、広島市や東広島市、廿日市市などを拠点とした、庭づくりのプロ=庭のスペシャリス...
岡山の庭づくりサービス
庭づくりのプロ集団 岡山の庭づくり・庭リフォームは「庭.pro」 岡山の対応エリア 岡山市・倉敷市・総社市・玉野市・瀬戸内市・備前市・赤磐市・和気町・早島町 岡山の庭づくり・ ...
香川県の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 香川」へ! 庭.pro(ニワドットプロ)香川エリアでは、高松市や坂出市、丸亀市、さぬき市などを拠点とした、庭づくりのプロ=庭...
タイトルとURLをコピーしました