あっという間に5年目を迎えたウッドデッキ

私の念願でもあった「ウッドデッキ」も気付けば5年が過ぎて・・・・

お気に入りのウッドデッキで、春や秋の気候のいい時期にはバーベキュー、夏の暑い時期には小さめのプールを出して子ども達が水遊び!その他は移動式の布団干し台に布団を干したりとウッドデッキが無い生活は今のところ考えられないくらい活躍しています。そんなウッドデッキも5年がすぎて少しづつ劣化が気になり始めました。特に軒下にあるウッドデッキ部分はまだ大丈夫なんですが、軒先にあたる雨水が直接あたる部分は劣化が進みウッドデッキの表面がグラデーションのように色や状態が違ってきて、見た目も黒ずんで悪くなってきました。今まで無色透明の保護剤を3回塗りましたが、色あせ具合が目立つ為、少し色の入ったペンキ(ウォールナット)を塗る事にしました。

今回のウッドデッキ塗装の手順

①ほうきで表面に付着している砂埃やホコリを掃き飛ばし綺麗にします。(ウッドデッキには子ども達が泥の付いた靴でうろうろするので石や砂がいつもある状態です)

②次に掃き掃除では取れない汚れをウッドデッキ全体に水をまいてデッキブラシでゴシゴシ擦りました。サッシや外壁近くのウッドデッキにはホコリや砂が思ってた以上に残ってたのでブラシで弾き飛ばすように除去していきました。(週間天気予報で晴れ続きの週を選んでやりました)

③水洗いをして1日乾燥させてから、全体をサンドペーパーがけしました。ところどころケバだっている箇所があったのでそこは念入りにかけました。最後にもう一度ほうきで細かな汚れを掃いて。いよいよ塗装開始です(サンドペーパー掛けは厚手のゴム引き軍手をはめてかけました。やはりペーパーなのでケバだっている箇所が手に刺さる可能性もあるので気をつけて下さい)

④今回使用した木部専用塗料は木目を生かした、日光や雨に強く耐候性が優れている水性塗料です。その他にもシロアリや腐れ、カビに対しての効果や撥水性効果もあります。(ホームセンターでウッドデッキの今の状態写真で撮って、スタッフさんに見てもらうのがオススメです)

⑤塗装は刷毛を使用して木目に沿って1本1本丁寧に塗装をすることを心掛けて焦らずやしました。トータル作業時間は約4時間くらいはかかりました。使用した塗料の標準塗り回数は2回でしたが、実はまだ1回しか塗れてません!!なるべく早く時間を作って塗ろうと思います。

仕上がりはこんな感じです!いつも2回塗りしなくても良いかな・・・・と思ってしまいますが、仕様書とおり2回塗りしようと思います。

塗装後のウッドデッキ

頼むなら、信頼できる職人に。庭.proにお任せください!

今回は自分でウッドデッキの塗装にチャレンジしてみましたが、これから先ウッドデッキの劣化が進んだ時にはどうしようか??作り変えか・・・そんなお悩みの際には「庭.pro」に相談してください。ウッドデッキや植栽、カーポートやフェンスなど、お庭に関する様々なジャンルに特化した職人がいますので、まずはお気軽にまずご連絡ください。
庭.proの庭づくりサービスはこちら

タイトルとURLをコピーしました