シンボルツリーにしたいオージープランツ(オーストラリアンプランツ)10選・おしゃれでかっこいい庭木にしたいならこれ

独特な雰囲気が魅力のオージープランツ(オーストラリアンプランツ)。温暖で乾燥したオーストラリア原産ですが、日本では主に関東以南で庭木(地植え)できます。今回はシンボルツリーにすると個性的でかっこいい、おすすめの種類とそれぞれ品種の特徴をご紹介します。樹高や耐寒性も解説していますので、参考にしてみてください。

東京都内埼玉県内岡山県内広島県内香川県内で剪定・伐採などのお庭のメンテナンスサービスを提供しています
メールでのお問合せはコチラ
お電話での問合せ0120-335-332営業時間10:00~19:00(水曜日定休)]

庭.proオンラインショップのオージープランツ販売コーナーはこちら

 

目次

オージープランツ(オーストラリアンプランツ)とは
オージープランツ(オーストラリアンプランツ)って庭木(地植え)にできる?
シンボルツリーにおすすめのオージープランツ(オーストラリアンプランツ)10選
ユーカリ
アカシア
バンクシア
カリステモン
メラレウカ
レプトスペルマム
ドドナエア
アゴニス
ディクソニア
グラスツリー
まとめ
■やっぱりプロに依頼したい方

オージープランツ(オーストラリアンプランツ)とは

オージープランツ(オーストラリアンプランツ)」とは、オーストラリア原産の植物たちのこと。厳しい乾燥地帯の中で進化した姿は神秘的でかっこよく、近年は日本でも庭木やシンボルツリーとして人気が高まっています。

オージープランツは、乾燥に強いのが特徴です。水やりの頻度が少なく手入れしやすいとして、同じく乾燥に強い多肉植物などと植えるドライガーデンが人気です。石を配置して作るロックガーデンとも相性バッチリ。また、オージープランツにはアボリジニが薬として使ってきたハーブも多くあり、ナチュラルなイングリッシュガーデンに似合うものもあります。
またドライフラワーとして長く楽しめるのも魅力です。葉や花が綺麗な色合いでドライになるため、剪定で切った枝たちも楽しませてくれます。

オージープランツが育った環境や代表的なオージープランツの一覧、選び方のコツなどはこちらの記事にもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

【参考記事】「オージープランツ(オーストラリアンプランツ)の代表的な種類や特徴、基本の育て方」

オージープランツ(オーストラリアンプランツ)って庭木(地植え)にできる?

寒さに注意

温暖な南半球のオーストラリアで育った、オージープランツは、寒さに弱い種類がほとんどです。そのため霜の降りる日が連続して続くような北海道、東北、北陸、一部関東や日本海側では、庭木(地植え)にするのは少し難しいでしょう。

しかし、寒い地域では鉢植えでも育てられます。冬の間は室内や玄関先などの軒下に取り込んで楽しむ方法もあります。ただしオージープランツは一度水切れすると復活しにくいという性質があるので要注意。しっかり乾燥させてから水やりをするというコツを掴めば寒い地域でも育てられますよ。

高温多湿にも弱い

日本の高温多湿にも弱く、根や葉が蒸れてだめになってしまうことも多々あります。雨が続く梅雨から高温多湿になる夏の間は注意が必要です。水はけの良い土に植える、植える場所を高くする、透かし剪定を行うなどして対策をするのがおすすめです。

成長が早い

オージープランツ(オーストラリアンプランツ)は成長が早く、小さな苗でもあっという間に2mほどに大きくなるような種類がほとんどです。どのくらい大きくなるのか、植えるスペースに合わせて選びましょう。また、乾燥した硬い土で育つオージープランツは根が浅いものが多く、日本の柔らかい土壌では倒れやすい場合があります。支柱を立てるなどの対策が効果的です。

シンボルツリーにおすすめのオージープランツ(オーストラリアンプランツ)10選

ではここからは、シンボルツリーにおすすめのオージープランツ(オーストラリアンプランツ)たちをご紹介します。

オージープランツは大きくなるものが多いので、樹高はチェックしてほしいポイントです。ただし剪定に強いものが多いので、高さを抑える剪定は比較的簡単です。また、耐寒性も重要。-5℃前後のものが多く、それらは関東以西で地植えできる例が多くみられています。参考にしてみてくださいね。

ユーカリ

オーストラリアの約3/4を占めると言われる、オーストラリアの固有種です。葉の形などさまざまな種類があり、オーストラリア全土で自生しています。成長が早く20mにもなるユーカリ。1年で1mも伸びることもあるので、剪定は毎年行いましょう。根が浅く倒木しやすいので、風の強い場所では支柱が必要です。病害虫に強く、すーっとした香りは虫の忌避効果もあります。

ユーカリ・グニ


-10℃まで耐寒性があり比較的湿度にも強く、全国で植えやすい品種です。小さい丸葉で、若い葉は葉柄がなく茎から出ているのが特徴的です。株が大きくなると、葉は細長くなります。ユーカリの中でも香りが強く、清涼感のある香りを楽しめます。

樹高:20m以上
耐寒性:-10℃まで
耐暑性:強い
特性:香りが強い、初心者向き

ユーカリ・ポポラス


グニよりも柔らかい緑色で、ナチュラルな印象のある品種です。大きめの丸葉が特徴的で、葉がまばらにつき、ほどよい透け感があります。ポポラス・ベリーと呼ばれる花の蕾もかわいらしく、切り花としても人気です。耐寒性はユーカリとしてはやや低めです。

樹高:3〜5m
耐寒性:-6℃まで
耐暑性:強い
特性:花の蕾が特徴的

そのほかの品種(丸葉)

ユーカリ・プルベルレンタ(銀世界ユーカリ):美しい銀色の葉をしています。-15℃まで耐寒性があり、湿度にも比較的強い品種です。枝が直線的で、かっこいい印象があります。
ユーカリ・アルビダ:ユーカリの中でも葉がより白っぽいのが特徴です。丸葉で、葉先が少し尖った形をしています。耐寒温度は-3℃で、暖地向きです。

そのほかの品種(細葉)

ユーカリ・プレウロカルパ(テトラゴナシルバー):シルバーの厚めの葉が魅力的です。粉をふいたような果実は不思議な形をしており、切り花としても人気。乾燥地帯の西オーストラリア原産で、寒さや雨で葉が痛みやすく、管理の難しい品種でもあります。
レモンユーカリ:細長い葉と強い香りが特徴です。精油は蚊除けにも使われるほか、鎮静効果なども。葉は緑色で、若葉は毛が生えており、大きくなると光沢が出ます。オーストラリアの中でも暑い地域で育つため寒さに弱く、日本では沖縄で大きく育つ例が見られています。

アカシア

アカシアと言えば日本では一般的にミモザという通称でよく知られますが、これはフサアカシアを指しています。フサアカシアは非常に大きくなるため、日本の庭木ではギンヨウアカシアが主流です。

成長が早く、品種によっては1年で1m以上も育ちます。その上移植を嫌うので、植える場所はよく考えましょう。根張りが浅いため倒木には注意が必要です。剪定に強く、枝がよく出ます。カイガラムシの被害に遭いやすいので、見つけたら駆除しましょう。

ギンヨウアカシア

銀色の葉が美しいアカシアです。生育旺盛なため、高さを抑える剪定は毎年行うと良いでしょう。剪定に強く花芽もたくさんついて失敗しにくいので、初心者でもおすすめです。耐寒性は比較的強く、地植えは関東以西が向いています。ギンヨウアカシア・プルプレアは銅葉の品種で、特に若葉は美しい紫色をしています。

樹高:5〜8m
耐寒性:-5℃
耐暑性:強い
特性:丈夫で初心者向き

サンカクバアカシア


葉柄が短く、三角の葉が茎を覆うような姿がユニークでかっこいい印象です。英名ではナイフリーフワトルとも言います。株元から枝分かれするブッシュ状で、ギンヨウアカシアとは株姿が少し違います。また、アカシアの中では比較的成長が緩やかです。

樹高:3〜5m
耐寒性:-5℃まで
耐暑性:強い
特性:ややコンパクト

ブルーブッシュ


こちらもブッシュ状で、シルバーブルーの細葉が特徴的です。アカシアは剪定に強いので、ブッシュタイプはいろんな形で楽しめます。柔らかい自然樹形はもちろん、丸く仕立てるのも素敵です。若木のうちに剪定を繰り返すことで主幹を太くさせていくと、見栄えがよくまとまります。

樹高:2〜4m
耐寒性:-5℃まで
耐暑性:強い
特性:コンパクト

その他の品種

パールアカシア:シルバーブルーの丸葉が魅力的で、ユーカリとも雰囲気が似ています。こちらもブッシュ状で、成長はアカシアの中ではやや遅く樹高も3〜5mと低めです。耐寒性は-5℃前後です。
スノーウィーリバーワトル:細葉の品種で、軽やかな印象です。オーストラリア南東部原産で比較的日本でも育てやすく強健で、樹高も3〜4mと低めです。耐寒性は-5℃前後。

バンクシア

バンクシアはインパクトのある花が特徴ヤマモガシ科のオーストラリア固有種で、オーストラリアの中でも乾燥地帯に自生しています。高木や低木、匍匐性から立性、葉の形など品種によってさまざまです。耐寒性は品種にもよりますが比較的強く丈夫で、意外と花つきも良いので、オージープランツ初心者でも育てやすいでしょう。西オーストラリア原産の品種は栽培が難しい品種が多く、霜の降りる地域やバンクシア入門編には東オーストラリア原産がおすすめです。

樹高:60〜7m
耐寒性:品種により-3℃〜 -8℃
耐暑性:強い
特性:潮風に耐える品種もある

主な品種

ヒースバンクシア(エリシフォリア):シドニーのあるオーストラリア南東部原産で、日本でも育てやすく流通の多い品種です。細い葉とオレンジ色の花が特徴で、-8℃まで耐えられます。
コーストバンクシア(インテグリフォリア):葉面の濃い緑と葉裏の白のコントラストがかっこいい品種です。こちらも東オーストラリア原産で、沿岸部に自生するため潮風にも強い品種です。樹高は5mと高くなり、葉も大型です。

 

カリステモン

カリステモンはブラシのような花が咲く、フトモモ科のオージープランツ(オーストラリアンプランツ)です。ブラシノキ、キンポウジュなどとも呼ばれます。花色は赤、白、ピンク、紫や緑などで、5月頃に開花する一季咲きと10月頃にも開花する四季咲き性があり、花つきも良く華やか。病害虫がつきにくく丈夫で、育てやすく初心者にもおすすめです。
樹高:2〜10m
耐寒性:-5℃前後
耐暑性:強い
特性:花つきが良い

主な品種

カリステモン・スペシオスス:日本でブラシノキとして馴染み深く、四季咲き性で赤色の花がたくさんつきます。樹高は2〜3mと維持しやすく、シンボルツリーや庭木にはおすすめです。

カリステモン・ビミナリス(シダレハナマキ):枝先が枝垂れる品種です。樹高は高く、9mほどになることもあります。ドーソンリバーという品種はビミナリスの矮性種で、樹高は3〜5mでややコンパクト。四季咲き性で花つきがよく人気の品種です。

メラレウカ


ティーツリーと呼ばれるフトモモ科のオーストラリア固有種です。葉には爽やかな香りがあり、殺菌効果などの効果があり、ハーブなどに利用されてきました。品種によって葉色がさまざまで、赤や黄色、銅葉などがあります。樹高が高くなりますが、萌芽力が強くよく枝が出るので強剪定ができます。病害虫には強いですが、枝が密集しやすく、蒸れやカイガラムシが発生することも。毎年剪定するのがおすすめです。

樹高:3〜6m
耐寒性:-5℃前後
耐暑性:強い
特性:葉に香りがある

主な品種

スノーインサマー:白い雪のような花が咲き、メラレウカの中でも耐寒性のある品種です。これに似た花を咲かせるメディカルティーツリーは、精油が採れる代表的なティーツリーで、香りが強いのが特徴です。
ブラックティーツリー:寒さにあたると葉がブロンズ色になります。葉は爽やかさに甘さがある香りで、こちらも精油が採れます。

レプトスペルマム


日本ではギョリュウバイと呼ばれ、柳のように細い葉、梅に似た小さい花を咲かせるレプトスペルマム。ティーツリーとつく名前の品種もあるためよく混同されますが、メラレウカとは別の植物です。オーストラリア南東部やニュージーランドが原産で、ニュージーランドではマヌカと呼ばれマヌカハニーの蜜源としても有名です。葉や樹皮は薬やハーブティーとしても利用されてきました。

樹高:2〜5m
耐寒性:-5℃前後
耐暑性:強い
特性:枝葉をハーブティーとして利用できる

主な品種

シルバーティーツリー:美しいシルバーの枝葉が柔らかく繊細な印象の品種です。基本的には日向を好みますが、半日陰でも育ちます。初夏に白い梅に似た小さな花を咲かせます。
レモンティーツリー:レモンの香りがして、ハーブティーにもおすすめです。葉色は緑色です。蚊除け効果があるとされています。

ドドナエア


日本でも小笠原諸島などの熱帯地域に自生するドドナエア。細い葉が美しく樹形もきれいなのでシンボルツリーに向いています。雄株と雌株があり、雄株は花後に種の入ったシックなピンク色の鞘ができる姿も美しいです。コンパクトに育つビスコーサという品種が代表的で、葉色が年中緑色のタイプと、秋から春にかけて赤紫に紅葉するビスコーサ・プルプレアという2種類があります。

樹高:2〜3m
耐寒性:-5℃前後
耐暑性:強い
特性:紅葉する品種がある

アゴニス


「黒ユーカリ」とも呼ばれる、フトモモ科の中高木です。ユーカリのように香りがありますが、ユーカリとは別の種類です。柳のようにしだれる細葉は黒色で美しく、赤っぽい茎とのコントラストも魅力。葉は寒さに当たるとより色が濃くなります。緑葉の品種もありますが、日本では黒葉の品種が人気で出回っています。アゴニス・ブラックテイルが代表的な品種です。

樹高:2〜4m
耐寒性:-5℃前後
耐暑性:強い
特性:黒葉が美しい

ディクソニア(ツリーファーン)


オーストラリア東南部やニュージーランドに自生する、木立性のシダです。耐陰性があるため観葉植物としても人気。地植えでは直射日光が強すぎない、半日陰の場所が適しています。木立性シダの中では耐寒性があり成長すると-15℃も耐えると言われますが、地植えは霜の降りない暖地がおすすめです。成長は1年に1cm程度と非常にゆっくりです。水やりは葉の付け根に水がしっかりかかるよう、葉の上から行います。日本で出回るのはほぼ、ディクソニア・アントルクティカという品種です。

樹高:2〜4m
耐寒性:-5℃前後
耐暑性:強い
特性:耐陰性がある

グラスツリー


日本ではススキノキと呼ばれ、原地ではブラックボーイとも呼ばれていました。山火事に耐えられる幹は黒く、樹上から柔らかなグラスが伸びる姿がとてもかっこいい植物です。成長はかなり遅く、1年に1cm程度です。希少価値が高く、日本で出回る量は少ない植物です。葉は切り花ではわりとメジャーで、スチールグラスという名前でよく出回っています。

樹高:1〜3m
耐寒性:-5℃前後
耐暑性:強い
特性:耐陰性がある

そのほか、オージープランツ(オーストラリアンプランツ)のシンボルツリーと相性のよい低木やグランドカバーなどはこちらの記事にもまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

【参考記事】「オージープランツ(オーストラリアンプランツ)と相性の良い低木やグラウンドカバーを一挙紹介!」

まとめ

オージープランツ(オーストラリアンプランツ)のシンボルツリーは乾燥に強く常緑性なので、日々のお手入れは比較的楽なのがおすすめポイントです。樹高が高くなる種類は毎年剪定するとよいですが、剪定した枝葉もドライフラワーとして楽しめるのが魅力です。葉色が美しい種類ばかりなので、庭にひとつあるととても映えます。ぜひお気に入りを探してみてくださいね。

庭.proオンラインショップのオージープランツ販売コーナーはこちら

 

また「人と違うオシャレなドライ系の雰囲気にしたい!」「ドライガーデンのお庭作りに挑戦してみたい」という方は、ドライ系植物同士の組み合わせや植え方のバランスまでドライ系植物を知り尽くした庭.proにぜひお声がけください。

自分では難しい、
“やっぱりプロに依頼したい”
そんな方へ。

庭.proなら、専門の職人が「理想のお庭」を叶えます!
庭.proなら、専門の職人が「理想のお庭」を叶えます!

庭.proがお客様に選ばれる理由
“3つの理由”
  • 専門スタッフが一貫サポート。何でも相談しやすく、安心。


    言葉にしにくい不安や希望を丁寧に伺い、施工完了までしっかりとサポート!

  • ご要望に最適な職人による理想の仕上がりで、安心。


    自分で職人を探す手間がありません!

  • 無料見積もり追加料金なしで、安心。


    明朗会計をモットーとしています。

ご利用頂いた
95.4%のお客様に
満足・
大変満足の
評価を頂いております。

お客様からのご満足の声を
一部ご紹介します。
丁寧で、何度も足を運んでくださり、こちらの意向をよく汲み取って、提案してくださったので、とても安心感がありました。(F様)

考えられる様々なパターンと予測される木の状態を丁寧に説明して下さり、十分納得した上で作業に入って頂きました。結果、本当に満足のいく仕上がりとなり、お願いして良かったです。(K様)

思った以上にスムーズに相談が進み、連絡も小まめにあり、安心して希望通りできた。(S様)

思った以上の出来栄えです。ここまでしてくださるとは思いませんでした。ステキな庭になって気持ちが落ち着きます。丁寧な仕事をしてくださった職人さんにも感謝です。(F様)

無料お見積り・
お問い合わせはこちら

[総合受付] お庭と住まいのコンシェルジュ

サービスエリア:
東京・埼玉・岡山・広島・香川

庭プロについて、
もっと知りたい方はこちら
サービス紹介
(庭.proが選ばれる理由)
図解入り剪定マニュアルをKGコンシェルジュのサイトでダウンロード図解入り剪定マニュアルをKGコンシェルジュのサイトでダウンロード

※関連サイト「KGコンシェルジュ」にリンクします。

ドライガーデンにぴったりな高木15選
「ドライガーデン」とはその名の通り、サボテンや多肉植物の様に乾燥に強い植物で統一したガーデニングスタイルのことで、砂利や石をあしらって植栽した今人気のガーデンスタイルです。この記事では、ドライガーデンにぴったりな「高木」を15種類選んでご紹介しています。
ドライガーデンにぴったりな多肉植物15選
乾燥を好む植物を用いて砂地や砂利などのロックガーデン風に植え付ける「ドライガーデン」。こちらの記事では、ドライガーデンにぴったりな「多肉植物」を15種類選んでご紹介。また多肉植物の植栽で一番大切な「耐寒性」などの注意点をくわしく解説します。
ドライガーデンデザイン例
ドライガーデンの素敵なお庭をSNSなどから厳選してお届けします。DIYで作られたり、工夫を凝らしたお庭の数々です。ドライガーデン作りのデザインのお手本にしてくださいね。 希少植物販売コーナーリンク アガベ | ダシリリオ...
【ユッカ・ロストラータ】育て方の基本を庭師が伝授
ユッカ・ロストラータの育て方をプロの庭師が伝授します 「ユッカ・ロストラータ」は、アメリカ テキサス州やメキシコ北部が原産のドライガーデンに最適な希少植物です。暑さ、寒さにも非常に強く、観葉植物として室内の観賞用としても、屋外の地...
【アガベ】育て方の基本を庭師が伝授
アガベの育て方をプロの庭師が伝授します 「アガベ(agave)」は、南アメリカ北部から北アメリカ南部、中央アメリカ地域が原産のドライガーデンに最適な希少な多肉植物です。アガベは、300種類以上もの品種があり、先の尖った葉がロゼット...
【ウチワサボテン】育て方の基本を庭師が伝授
ウチワサボテンの育て方をプロの庭師が伝授します 「ウチワサボテン(Opuntia)」は、サボテン科に属するウチワの様な形をしたサボテンの俗称で、原産地はアメリカ、メキシコ、中米などで、別名仙人掌とも呼ばれます。ウチワサボテンはその...
【ゴールデンバレルカクタス(金鯱サボテン)】育て方の基本を庭師が伝授
ドライガーデンに似合うサボテン ゴールデンバレルカクタス(金鯱)の育て方をプロの庭師が伝授します ドライガーデンに似合うサボテン ゴールデンバレルカクタス(金鯱サボテン) 圧倒的な存在感を放つサボテンの王様「ゴールデンバレルカクタス...
【ナツメヤシ】育て方の基本を庭師が伝授
ナツメヤシの育て方をプロの庭師が伝授します 「ナツメヤシ(Date Palm)」は、北アフリカからペルシャ湾岸沿岸が原産で、紀元前5000年頃から栽培されている、ヤシ科ナツメヤシ属の常緑の高木で樹高30mにも達するものもあります。...
【パンパスグラス】育て方の基本を庭師が伝授
パンパスグラスの育て方をプロの庭師が伝授します 「パンパスグラス(pampas grass)」は、イネ科の多年草で日本では「シロガネヨシ(白銀葭・白金葭)」、「おばけススキ」とも呼ばれています。原産は南アメリカで、名前の由来はアル...
【カレックス】育て方の基本を庭師が伝授
カレックスの育て方をプロの庭師が伝授します 「カレックス」は、全世界に2,000種以上の品種があり、日本にも200種程度が自生しています。カレックスは日本原産種も多く、野山や公園などで良く目にしているかも知れません。カレックスは、...
【コルジリネ(コルディリネ)】育て方の基本を庭師が伝授
コルジリネの育て方をプロの庭師が伝授します 「コルジリネ」は、オーストラリアやニュージーランドが原産の葉模様が美しい、熱帯性の樹木です。原産地域では「神聖な木」呼ばれ、古くから儀式などでも使われていたそう。コルジリネは、太く棒状に...
【ストレリチア(極楽鳥花)】育て方の基本を庭師が伝授
ストレリチアの育て方をプロの庭師が伝授します 「ストレリチア(極楽鳥花)」は、その美しい姿が「極楽鳥(ごくらくちょう)」に似ていることより、極楽鳥花とも呼ばれる観葉植物です。 ストレリチアは、南アフリカを原産とする植物で、日本で...
【ブラシノキ(カリステモン)】育て方の基本を庭師が伝授
ブラシノキ(カリステモン)の育て方をプロの庭師が伝授します ドライガーデンのアクセントにおすすめブラシノキ(カリステモン) ユニークな形状のブラシノキ(カリステモン)は、スタイリッシュなドライガーデンをおしゃれに彩るおすすめの植...
【ソテツ(蘇鉄)】剪定の基本を庭師が伝授
どこか南国を思わせる蘇鉄(ソテツ)。庭.proの庭師が剪定方法をレクチャーします!盆栽や観葉植物としても根強い人気を誇っている蘇鉄(ソテツ)を楽しむ為にも適切な季節や剪定のやり方などを参考にして下さい。
【オリーブ】剪定の基本を庭師が伝授
オリーブはお洒落な見た目から、食用のほかにも観賞用やガーデニングなどで人気の樹木です。 オリーブはもともとは、アジアが起源とされていて、紀元前14~12世紀の間に、シリアからトルコを経てギリシャへ広がったとされているそうです。日本には...
プランタードライガーデン(岡山県岡山市北区)
プランターを使ったインテリア風ドライガーデンをワイルドなアガベやユッカロストラータ中心に相性の良いオージー系のウエストリンギヤ等を下草に使ってデザインしました。このプランターだとコンクリートの上でも小さな庭が作れるのでマンションのベランダやウッドデッキの上などでも可能です。お庭を諦めていた方も一度ご相談ください!
メキシカンプランツ(ユッカロストラータ)をドライガーデンとして楽しむ(岡山県倉敷市)
人気のメキシカンプランツ代表格のユッカロストラータやアガベを植えました, とにかく手がかからなく強い植物なので、いつも植物を枯らしてしまう、そんな方にもオススメできる今一押しのドライガーデンです。
児島湖からの風を感じるリゾート風ドライガーデン(玉野市/T邸)
庭.pro(ニワドットプロ)が岡山で手がけた庭づくりの施工実績から玉野市の「湖からの風を感じるリゾート風ドライガーデン」の施工事例をご紹介します。リビングから見える児島湖と空とがマッチするリゾート風の庭をイメージし、オリーブの古木など植栽にもこだわった仕上げになっています。広々としたウッドデッキは季節にあわせてバーベキューや読書など、いろんな楽しみ方ができます。
いま人気のロックガーデンって何?ロックガーデンの魅力に迫る!
最近、岩石や砂利などを組み入れ、その間に植物など植えこんだ「ロックガーデン」というガーデニングスタイルがとても人気が高くなってきました。ロックガーデンは、高山植物や多年草類、乾燥地帯の植物など、乾燥を好む植物で自然に近い形でお庭をコ...
東京都の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 東京」へ! 庭.pro(ニワドットプロ)東京エリアでは、都内23区や多摩エリアの武蔵野市や立川市などを拠点とした、庭づくりのプロ=庭...
埼玉県の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 埼玉」へ! 庭.pro(ニワドットプロ)埼玉エリアでは、さいたま市や川越市などを拠点とした、庭づくりのプロ=庭のスペシャリスト集団が...
広島県の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 広島」へ! 庭.pro(ニワドットプロ)広島エリアでは、広島市や東広島市、廿日市市などを拠点とした、庭づくりのプロ=庭のスペシャリス...
岡山の庭づくりサービス
庭づくりのプロ集団 岡山の庭づくり・庭リフォームは「庭.pro」 岡山の対応エリア 岡山市・倉敷市・総社市・玉野市・瀬戸内市・備前市・赤磐市・和気町・早島町 岡山の庭づくり・ ...
香川県の庭づくり・庭リフォーム・剪定・伐採サービス
庭づくりのプロ集団 庭づくり・庭リフォーム・剪定は「庭.pro 香川」へ! 庭.pro(ニワドットプロ)香川エリアでは、高松市や坂出市、丸亀市、さぬき市などを拠点とした、庭づくりのプロ=庭...
目次に
戻る
タイトルとURLをコピーしました